のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 03日

順序が逆なのでは・・・?(手組みホイールに挑戦)

組みあがったBRESSAN VINTAGE。
だが、ホイール・タイヤの満足度は100%ではない。

ホイールが無いと当然だが走れない。自転車としては致命的だ。
まずは理想のホイールが見つかるまでのツナギと割り切り
Campagnolo KHAMSINにクリンチャータイヤを履かせている。
タイヤだけはVeloflexのMasterを奢った。これはこれでまずまずではあるが。
a0154461_18425860.jpg


理想その1.
私の世代はやはり「チューブラータイヤ」だ。
理想その2.
ヴィンテージらしくカラーは「シルバー」だろう。
最近のカンパはみんな黒くなってしまって残念だ。

昔はロードにチューブラーは当たり前の事だった。四半世紀遠ざかって
いるうちにクリンチャーの性能が目覚しく進歩した。
浦島太郎状態でロードに戻ったときにはチューブラーは絶滅危惧種に
指定されていた。確かにクリンチャーの便利さに比べたら手間が掛かり
過ぎるのは認めるし、自分でもやりたくない。
その最たるものがリムセメント。やはり無理なのか・・・

そんな折、webで素晴らしいアイテムを見つけた。
miyata Tubelar Tape TPP-1
これが凄い性能らしい。リムセメントをも凌駕するとも。
これはもう使わない手は無い。
a0154461_1834125.jpg

肝心のリムもハブもスポークも決まらないうちに、先にリムテープを購入
してしまった。

もうあとには引けない!
なんて大袈裟な表現。たかが4,000円程度の先行投資じゃないか。

でもいつかはチューブラーリムを手に入れよう。
ここまできたら自身で手組みするのが目標だ。まずは勉強、勉強っと・・・
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2012-03-03 19:01 | 自転車


<< 今年は遅い発症(花粉症)      サイコン再び・・・ >>