のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 14日

手組みホイールに挑戦-続4

ネットで頼んでおいたスポークが届いた。
各所で有名な群馬のサイクルショップタキザワさんに注文した。
DT、国産とも1本単位で注文できるし、長さも1ミリ単位で選べる。
もっともポピュラーで価格もリーズナブルなホシ#15を選択した。
【HOSHI #15 1.8ストレート】がニップル付きで1本35円だ。
Front,Rear/左右でそれぞれ微妙に違う長さだが、自分で導き
出した長さにいまいち自信が持てない。
よって、仮に間違っても悔いの無いように安価なのにした。

で、いよいよ組んでみる事にする。
ネットにはいろんな人が丁寧に解説してくれているが、その中でも
ひときわ有名な書籍「ロードバイクの科学(ふじい のりあき氏著)」
の解説に頼る事にする。参考にしたのはP.161と162の2ページ。
組むまではこの2ページの解説で事が足りた。非常に親切な解説
である。
a0154461_16373829.jpg


写真はFrontの片側が組み終わった所、両側が組み終わった所、
最後はRearの両側が組み上がった所だ。

ここまで形になると各パーツがより一層存在感を増してくる。
Frontのカンパ/レコードのヴィンテージハブはイメージどおりだ。
シルバー系で統一できて、一人悦に入る。

それにしても何でこういうイメージの完組みホイールが無くなって
しまったんだろう?

本日の作業はここまで。
ブログでも記事にしていないが、振れ取り台もニップルレンチも
テンションメーターもセンターゲージもまだ手元に無い。

誰かがブログでいってたが、手組みってすっごく楽しい作業だ。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2012-04-14 16:22 | 自転車


<< 本当のヴィンテージロードを購入      鎌倉の春の海 >>