のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 16日

6500系 ULTEGRAコンポーネント

友人のロードを組むにあたり、パーツを物色していると、オヤ?と思う
アイテムを発見してしまった。某オークションサイトでのこと。

6500系のULTEGRA一式。
某ネット辞典によると1997年に9速化しshimano600から
ULTEGRAへと改称した、らしい。実に15年前の事になる。
その時既にオクタリンクがリリースされていたという事か。
ミニベロでも105だがオクタリンクを使っていて馴染み深い。
私としてはshimanoで許せる最後のクランクデザインだ。

以下、構成パーツとなる。(写真は一部抜粋)
a0154461_1682311.jpg

shimano600のヘッドパーツから始まり,ST-6510(新品ブラケットカバー付),
FD-6500,RD-6500,FC-6500,BB-6500,CS-6500,BR-6500,
FB-6500,HB-6500にARAYA ADX-1が付く。

7700系DURA-ACEが混じる。
CN-7701とインナー&アウターワイヤー数本。 以上。

Panasonicに付ければロードが一台出来てしまう。
ただ、クランクセットは170mmの53-39と友人には少し大きすぎる。
友人のパーツを物色していた筈がいつの間にか・・・
自分で使うしかなさそうだ。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2012-06-16 08:42 | 自転車


<< パーツが決まらない・・・・      クロモリフレーム届く >>