のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 24日

手持ちパーツのレストア作業

a0154461_1554598.jpg

DeepPinkのクロモリフレームに組み付ける予定の手持ちパーツを
パーツクリーナーで油汚れを落とし、CRC-556と真鍮ブラシで錆び
落としに精を出した。

クランクセットと8Sのカセットは完全分解して、磨きに磨いた結果、
見違えるほど綺麗になった。上の写真はAfterだがBeforeが無く
比較できないのが残念だ。

現在のTIAGRAグレード、かつての『RX100シリーズ』
・クランクセット:FC-A551,165㎜,52T-39T
・ブレーキアーチ:BR-A550
・カセット:shimano 8S (13T,14T,15T,16T,17T,19T,21T,23T)
・リアディレイラー:RD-A551
・ボトムブラケット:BB-UN51

上の写真の他にフロントディレイラー/FD-A551と左右のSTIの手持
ちがある。ただ、左側のSTIは故障しててアウター側でシフトが留まら
ない。さて、どうしたものか?

以前、TIAGRAの左側STIで同様の症状が出た事がある。シマノでは
有名な話(らしい)。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2012-11-24 16:24 | 自転車


<< BBの組み付け      クロモリ・フレーム入手 >>