のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 20日

Atalaのコンセプト

先日手に入れたクロモリ・ラグドフレームのAtala。組み上げるにあたり、その
コンセプトにはいろいろ迷いながら検討を重ねた。
BRESSAN VINTAGEがカンパニョーロ・ATHENAのエルゴパワー仕様なの
で、AtaraはWレバー仕様にすることにした。

カンパに対し、選んだWレバーがSHIMANOのDURA-ACE 7700シリーズ。
9Sインデックスとフリクションを使い分けられる仕様だ。

Wレバーを7700と決めたので、ほかも出来るだけ同じシリーズで統一する
ことにした。方針が決まり集めたパーツが以下である。
a0154461_14364229.jpg

・Wレバー:SL-7700
・ブレーキ:BR-7700
・Fメカ:FD-7700-B(31.8⇒28.6シム対応)
・Rメカ:RD-7700(SS)
・チェーン:CN-7701

ここまでは77-DURA-ACEで統一出来たが、ブレーキレバーの選択に悩む。
77-DURAではSTIレバー仕様となっており、ブレーキレバーがラインナップに
無い。74-DURAでなら何とかなりそうだが、ワイヤー処理がエアロ仕様となっ
ているため、上出しに拘る身としては食指が動かない。

こんな理由からDURAを諦め以下のパーツを選択した。
a0154461_14465313.jpg

・グランコンペ GC202H(穴あきタイプ)

レバーの穴あきといい上出しワイヤー処理といい飴色のブラケットカバーといい
全体的に良い雰囲気を醸し出している。序でにKMCのミッシングリンクも用意した。

じっくりコツコツと組み上げる事にしよう。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-20 14:58 | 自転車


<< Atalaへのパーツの組み付け開始      早春のダム(宮が瀬湖)へ >>