のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 22日

BRUNO VENTURA 20Tの451化、ついに完成

昨年秋口に始まったVENTURA20Tの451化がようやく完成した。
後輪のハブが見つかった事がきっかけで拍車が掛かった。


まずは全体像から。
a0154461_19182496.jpg


ホイールの交換は勿論の事、影響する部品も交換する事になる。

最初にキャリパーブレーキ。オリジナルの406の時にはロングリーチ
が付いていた。ホイール径が大きくなった事でロングは使えなかった。
敢え無くショートリーチに交換する事となった。
ついでにカラーもBlackからSilverに変更した。
a0154461_19185745.jpg


タイヤも451でも極細の20×1にした。太いとフレームに干渉すると
の情報もあったが、さすがに1インチだと全く問題がなかった。
細めのフレームとのバランスも申し分ない。

あとのコダワリはハンドル。オリジナルは下ハンも握れない他、デザ
イン的にも酷かった。勿論ブレーキの補助レバーも外した。

備忘のために交換部品を纏めておく。
◆ハンドル:Cinelli製ヴィンテージドロップハンドル
◆ホイールはBillionのショーグリEXから移植 (451)
 ※ただし、リアは135mmのため使えず、以下のハブで組みなおし
 ★FH-7403(DURA-ACE) 130mm/28H
◆タイヤ:KENDAKONTENDER 20×1 (451)
◆ブレーキキャリパー:ショートリーチ
◆スプロケット:CS-HG50-9(TIAGRA) 14-25T
◆Fメカ:FD-5700(105) φ31.8(28.6mmシム付)
◆チェーン:CN-HG50-9
◆ミッシングリンク:KMC9S用
◆インナーケーブル:UNEX シフト用 2本/ブレーキ用 2本
◆アウターケーブル:jagwire 4mmシフト用/5mmブレーキ用
◆フレームプロテクター:jagwireTUBE TOPS 3G WHITE CHA054

完成したので友人宅まで30km弱を自走して届ける事にした。
乗った感じだが、「素晴らしい」の一言に尽きる。
オリジナルはBRUNO社のデザインミスではないか、と思うほど
酷かったが、451化でこれほど走りが激変するとは思わなかった。
とにかく大正解だった。

オーナー様もこの変化には大感激だった。
いままでぞんざいに扱ってきたが、これからは大事に乗るという。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-06-22 19:40 | 自転車


<< ほとんど乗らなくなってしまった...      FH-7403にカセットスプロ... >>