のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 05日

満を持してDAC導入

ちょっとタイトルが大袈裟になってしまったが、ようやくDACを手に
入れる事ができた。今回もまた従来どおり安価路線継続中だ。

事前に導入済みのX-DDC Plusとの接続を考えると、USB入力は
どうでも良かったが、逆にUSBが付かないモデルを探す方が難し
いご時勢だと言うことに気づいた。

光/同軸DigitalとUSBを入力に、RCAのみの出力を備えたモデル
に決めた。出来ればヘッドホン出力も欲しかったのだが諦めた。
a0154461_18234577.jpg
★ Musical Fidelity V-DAC II

Specifications:
Up sampling: 24 Bit/192kHz
Output impedance: 47Ω
Maximum output: 2.25V /97Ohm
A-wtd S/N ratio (USB/SPDIF): 101.5dB / 108.8dB
Total harmonic distortion: 0.002% (20Hz-20kHz)
Frequency response: +0, -0.1dB (20Hz-20kHz)
USB input: Asynchronous data stream at up to 24Bit/96kHz sampling

Connections
Digital inputs: 1 RCA , 1 TOSLINK , 1 USB
Line level outputs: 1 pair RCA sockets

Dimensions (mm): 170W x 95D x 40H, Weight: 350g


Ras. Pi ⇒ X-DDC Plus =①⇒ V-DACⅡ ⇒ プリメイン ⇒ スピーカ
  ↑
  NAS             ①:光ケーブル
a0154461_18470655.jpg
V-DACに接続する前はX-DDCからAVアンプに入れてたが、192kHzが
再生できなかった。
AVアンプの仕様だと思っていたのだが、今回DAC
を導入しDDCとの接続を光ケーブルで接続してみたが、やはり192kHz
が音が出ない。

X-DDCを飛ばしてRas.PiからV-DACにUSBで接続すると
192kHzでも
音が出た。???である。

とある英語サイトには以下の記述がみつかった。
googleで無理やり翻訳してみると・・・

(ちょっとおかしな日本語だが)
USBと光デジタル入力は、24ビット96kHzに制限されている場合は、
同軸入力は24ビットと192kHzのスタジオ·クオリティのその復号化
オーディオストリームを可能にします。


これって同軸接続すれば
192kHzで音が出る、という事か?
まぁ、そのうちやってみる事にして・・・
今の状況でも十分な音が聴けているので、まずは試聴を楽しもう!



[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-07-05 18:57 | オーディオ・ビジュアル


<< V-DAC 192kHzの音だし成功      ヘッドホン・延長ケーブル >>