のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 23日

まじめにピュアオーディオ

DigiFi 13号のUSB-DAC付デジタルアンプでPCオーディオに目覚め、
Raspberry Pi に発展しトランスポートの座を揺ぎ無いものにした。
NASにリッピングしたCDデータの再生もweb操作で簡単に出来て便
利だし音もいい。

これで暫らく沈静化していたピュアオーディオ熱(微熱)に冒され
はじめた。とは言え高額投資もしたくないので、手持ちの機器を最
大限利用する。マルチチャネルのサラウンド用スピーカーの役を担
っていたB&W・CM1を2chスピーカーの座に据える。そのために
純正スピーカースタンド・FS-700/CMの中古を手に入れた。
a0154461_17160137.jpg
台座には厳ついスパイクが付いてきた。このままではフローリング
が穴だらけになってしまうので対策としてスパイク受けを手配した。
a0154461_17093776.jpg
オヤイデのINS-SP(4個セット)を2組調達した。
特にコダワリがある訳ではなく、「スパイク受け」で検索したら
最初にヒットした製品だった。値段もそこそこで懐に優しいし機
能的にも十分だ。

さらにCM1のスピーカー端子へのケーブル接続用にバナナプラグ
を使ってみることにする。スピーカーの移動等でケーブルの脱着
を楽にしたい、との思いから。
a0154461_17440514.jpg
audio-technica ソルダーレスバナナプラグ AT6302
バナナプラグを使うのは初めて。値段もピンキリだが、4個セットで
1,250円程度だった。
無ハンダだと言うが音的にはどうか?まぁ、機能優先とする。

a0154461_17475890.jpg
FS-700/CMにCM1を乗せた1ショット。
地震に備えて天板へのネジ固定を考慮してボルトを発注した。

取り敢えず、今日のところの接続機器は以下のとおり。
Ras-Pi ⇒ X-DDC ⇒ V-DACⅡ ⇒ A-55T ⇒ CM1
   ↑
  NAS

上原ひろみのMOVEが心地よく響いている・・・




[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-08-23 18:05 | オーディオ・ビジュアル


<< CM1をFS-700/CMにボ...      帰省中・・・ >>