のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 10日

サブシステム用にフルレンジ1発SPを導入する

年が明けて早10日。最初の1週間を何とか無事に過ごしたと思ったらまた3連休。

実家でまともに聴けるスピーカーが無いので、かねてからフルレンジを物色して
きた。大きくて重たいのは敬遠し8インチをMAXに候補にした。Altecの409B系,
JBLのLE8Tあたり?ただ、どちらも古いし値段も張るしエンクロージャーの容量も
それなりに欲張らないと・・・

そんな折、ひょんなことから全くノーマークの候補が目に留まる。
Park Audio のDCU-F131Wをユニットメーカ推奨のサイズのエンクロージャー
に入れた製品。
a0154461_19050877.jpg
とても美しいナチュラル系の塗装が施された極美品。

標準箱のDCK-171-Bとほぼ同じサイズだがどこで製造されたものか分からない。
・エンクロージャー外形:245W x 370H x 280D
・ユニット:DCU-F131W(6Ω,87dB)

Park Audioというメーカ、相当こだわりを持ってウッドコーンユニットを作っている。
ボーカル系には期待が持てそうだ。

3連休はエージングと称して女性ボーカル中心に連続して音入れ中だ。
こんな時にはAmzon Prime Musicが便利だ。結構なタイトル数がクラウドに溜ま
っている。

今回はWin10にVer.UPしたPCからX-DDC Plusを経由して、DENONのSACD
プレーヤー DCD-1650RE にCOAXIAL接続し1650REのDACを利用した。
1650REにはUSB入力もあるが、PCのUSBを直接接続するとWin10が100%
ハングアップしてしまう。driverが古いのかなぁ?という事でDDCを経由させた。
結果オーライでまったくもって異常なし、順調である。

初めて聴くタイトルばかりを選択してエージングを進める中、お気に入りのタイトル
が見つかった。
a0154461_19300082.jpg
Corrinne May(コリン・メイ)というシンガポール出身のアーティスト。
アコースティックギターやピアノの響きとボーカルの重なりが心地良い。
ネットワークの味付けが一切無いフルレンジ一発で聴くにはぴったりの選曲だと
悦に入っている。


[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2016-01-10 20:26 | オーディオ・ビジュアル


<< LUXKIT A3000のドラ...      Micro 砲金プラッター R... >>