のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 17日

アナログデバイス発掘

最近のトレンドでアナログ機器が見直されているらしい。
アナログレコードプレイヤーに始まりカセットテープレコーダーまでも復活を遂げている。
ミュージックソースもカセットテープで新譜をリリースするアーティストも現れているようだ。
InternetでハイレゾソースがDownloadが出来る時代に「敢えて」という事なのか。

スマホでFM放送が聴ける時代に「敢えて」クローゼットに眠っていたアナログチューナー
を引っ張り出してみた。その名も「AUDIO DYNAMICS T-1」。
a0154461_13551360.jpg
オレンジ色文字のディスプレイが新鮮だ。
薄型設計でデザイン的にも古さを感じさせない。
20年以上前に購入したものだろうか。記憶もハッキリしない。

FM放送を聴かなくても周りにはソースが溢れているのに・・・・そもそも機能するのか?
RCAケーブル、FMアンテナケーブルを繋ぎ、恐るおそる電源を投入する。
tuningボタンを押すとディスプレイ内の受信強度を示すゲージが跳ね上がって放送局を捉えた。
a0154461_13552807.jpg
・・・・まったく問題なく使えそうだ。
ケーブルTV局からパススルーで供給されるFM波を7局程プリセットボタンにメモリーしてみる。
今週末はFM放送三昧だ。鮮度の高い生放送番組を探して楽しみたい。




[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2016-12-17 14:21 | オーディオ・ビジュアル


<< Cayin A-55Tの出力管...      自然の芸術 >>