のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 17日

ヴィンテージ プリアンプ YAMAHA C-2 導入

なかかな懲りない性格である。古いモノにしか興味が湧かない。困ったものだ。
先日の DENON PRA-2000ZR に続き、今回は YAMAHA C-2 の導入である。
a0154461_14592799.jpg
C-2 シリーズの初代機である。1976年のデビューであるから41年が経過している。
C-2aでもなくC-2xでもなく、初代機の C-2に拘ったのである。(値段もあるが・・)
CDがまだ無かった時代のプリアンプである。
社会人になり最初に買ったアンプがYAMAHA A-7 という機種だった。NS-1000M
と一緒に導入した記憶がある。当時はセパレートアンプには手が出せなかった。
とても懐かしい思い出である。


いつものようにオークションで手に入れたが、安かった割にはまずまずの状態の外観
である。多少のくすみはあるが、ブラックなので余り目立たないのがいい。

機能的には多少の[訳あり]商品だったが、普段使いにはまったく気にならない。
PHONO(MC&MM)、TUNER、AUX(CD)、TAPE-OUT1にDACを繋いでみた。
すべての音がマトモっぽく(?)出ている。

MCカートリッジ(DENON DL-103)でドボルザーク 交響曲9番をかけてみた。
第三楽章、金管が高らかに鳴っている。

今回はちょっといいお買い物ができたようだ。


[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2017-07-17 15:33 | オーディオ・ビジュアル


<< Cayin A-55T の出力...      初代のRaspberry Pi... >>