のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 09日

アナログレコードに浸る

久し振りにMicro BL91を回す。
アンプは先日KT-88を換装したCayin A-55T、LUXMAN CL-36Uを中継する。
a0154461_17001767.jpg
a0154461_17003097.jpg
1972年録音、アシュケナージのベート-ベンピアノ協奏曲5番「皇帝」。
オーケストラと指揮はシカゴ&ショルティだ。
1981年6月に自身で購入したロンドン特選名盤1800シリーズ、懐かしい。

ショルティは没後20年、アシュケナージは健在だそうで今年80歳。
自身も若かりし頃にアルゲリッチとならびよく聴いた記憶があるピアニストだ。
若い人は指揮者としての方がしっくりくるかも知れない。
ショルティもピアニスト出身だと言うが、指揮者としての姿しか知らない。


[PR]

# by w210_yo302tsu3132 | 2017-10-09 07:49 | オーディオ・ビジュアル
2017年 10月 08日

秋の花

a0154461_16240054.jpg
a0154461_16235029.jpg
庭先にひっそりたたずむ秋の花・・・
気温もさがり本格的な秋の到来だ。季節の変わり目、お風邪など召されぬようご自愛を。



[PR]

# by w210_yo302tsu3132 | 2017-10-08 16:37 | 自然
2017年 10月 01日

遅すぎるスマホデビュー

愚妻がスマホが欲しいと言い出した。
使いこなせないじゃん!と一蹴したものの、今回ばかりは暫く言い続けている。
ちょっと本気なのかな?と、内緒で機種選びを始めてみた。
iPhoneは勿体ないのでAndroidに的を絞り探す事にする。

ゲームをする訳じゃないし初心者モデルでいいとは思うものの、いざ現行モデルを見てみると納得
できるモデルが少ない。

ずっとSoftBankのガラケーをホワイトプランで使ってきたが、時々通話料金が大きく跳ね上がる。
女性特有の長電話だ。この際だから改善プランに盛り込むことにしよう。

まずはキャリア選びから。MVNOだと通話料が高い。3大キャリアではパケット代を含めるとやはり
高い。ちょうど良さそうなのがズキュン!のY!mobileだった。10分通話し放題プランが目に留まる。
で、Y!mobileで販売しているスマホをみると・・・ 気にいるモデルが無い・・・ が、嬉しい事に音声
SIMだけの契約が可能だ。と言う訳でSIMフリーのスマホを探す事にした。

ネットを徘徊しているとHUAWEI nova liteが初心者向けには良い、という記事が目立つ。
HUAWEI P10 liteならY!mobileでも扱っている。両機種とも5.2インチだが、女性の手には大きい
のかな?とちょっと心配・・・

更にネットを調べまわっていると、HUAWEI novaという機種に目が留まる。5.0インチで女性の手
にもフィットし易いという評判だ。でも4万円はちょっと高いかな?と敬遠していたら、26,000円で購
入できるところを見つけた。
CPU等の性能面も高そうで、気の短かい愚妻でも文句が少なく済みそうだし、もうこれでいいや!
とまずはスマホ本体の購入に踏み切った。
a0154461_12534361.jpg
届いたパッケージを開けてみると評判どおりなかなかの質感で満足度は非常に高い。

あとはSoftBankからMNPしてY!mobileでSIMのみ契約をすればよい。
SoftBankにMNPの電話をすると解約違約金もなく3,240円の転出手数料のみで済んだ。
音声SIMはY!mobileオンラインショップで契約した。YahooIDがあるので個人情報の入力は不要だった。

あと嬉しい事はYahooプレミアム代として支払っていた料金498円がYahooプレミアム for Y!mobileで
無料になる事だ。

新しいツールを手にした愚妻はLINEをやるんだと張り切っている。これで長電話の心配から逃れられれば
言うことは無いのだが・・・


[PR]

# by w210_yo302tsu3132 | 2017-10-01 13:38 | 雑記
2017年 09月 24日

お彼岸ポタリング

日曜日の明け方、いつものように Fm yokohama の「SHONAN by the Sea」を聴いていた。
秀島史香さんのハスキーな声で彼岸花の名所が話題になっている。藤沢市の北部、遠藤辺りのようだ。
そう言えば昨日はお彼岸の中日だったナ。という事で、旬なスポットを目指しポタリングに。

秋の早朝、ちょうどいい気温で気持ちがいい。車の通りが少ない道を選びながら走る事一時間ほど。

「小出川の彼岸花」の幟(のぼり)を発見する。小出川沿いをバイクを押しながら暫し散策。
今年は開花が早かったようで、咲き終わった花が目立つ。そこで見つけた白い彼岸花。
a0154461_12124280.jpg
下流に向かって暫く散策してると、群生しているスポットが目に留まる。
a0154461_12133726.jpg
川沿いの両脇は水田穀倉地帯。刈り入れも間近のようだ。奥には雲に霞む丹沢大山を望む。
a0154461_12170990.jpg

[PR]

# by w210_yo302tsu3132 | 2017-09-24 12:28 | 自転車
2017年 09月 18日

クロモリロード用に・・・・

いつもは rin project のレザーカスクを被っているが、ワンパターンなので
気分を変えて新しいカスクを買ってみた。
a0154461_15442039.jpg
HIROENERGY(ヒロエナジー)の HE-1058。
rin project の1/3以下の値段で買えた。
rin project に比べると折りたためない、硬いなど難点はあるが、値段の割には
すっごくしっかり作られている。これはこれでアリだと思う。

台風一過にはなったものの今日は風が強い。来週あたりデビューしたいものだ。




[PR]

# by w210_yo302tsu3132 | 2017-09-18 15:56 | 自転車
2017年 08月 13日

Cayin A-55T の出力管・換装

お盆で帰省している。
Cayin A-55T の出力管4本をすべてを先日入手した中華製のKT-88に換装した。
序でにPRE管の 12AU7 と 12AX7 もソケットの接点復活を狙って抜き挿しした。
a0154461_04265059.jpg
A-55Tのマニュアル通りにバイアス調整を行なう。
a0154461_04273771.jpg
DC電圧で0.35~0.40になるように、とあるので。0.35狙いでV1~V4を順に調整
した。LUXMAN A-3000 と違い裏蓋を開けずに調整できるのは大変有難い。

早速音出し試聴をしたが、ノイズもまったく気にならないし凄く調子が好い。
出力管の違いによる音調の違いまでは、自身の駄耳には正直分からない。
新しい出力管を得て活き活きと元気のいい音で鳴っているし、何より精神的に良い。

今年のお盆休みも音楽鑑賞三昧になりそうだ。
[PR]

# by w210_yo302tsu3132 | 2017-08-13 04:35 | オーディオ・ビジュアル
2017年 07月 23日

Cayin A-55T の出力管・調達

KT-88 PP なので4本の出力管で構成されるが、そのうちの1本のゲッター
が極端に薄くなってきた。経年の寿命なのだろうか?

挿さっているのはオリジナルでCayinのプリントがあるが多分中華管だろう。
消耗したのは1本だけだが4本同時に交換する方が精神衛生的にはよい。
という事でリーズナブルな4本セットを探す事、数か月。ようやく手に入れた。
a0154461_09421023.jpg
NATIONAL ELECTRONICS KT88-CHINA とある。
中古のようだがとっても綺麗。ゲッターもたっぷり残っている。

次回帰省した時に夏休みの課題で交換する事にしよう。


[PR]

# by w210_yo302tsu3132 | 2017-07-23 09:58 | オーディオ・ビジュアル
2017年 07月 17日

ヴィンテージ プリアンプ YAMAHA C-2 導入

なかかな懲りない性格である。古いモノにしか興味が湧かない。困ったものだ。
先日の DENON PRA-2000ZR に続き、今回は YAMAHA C-2 の導入である。
a0154461_14592799.jpg
C-2 シリーズの初代機である。1976年のデビューであるから41年が経過している。
C-2aでもなくC-2xでもなく、初代機の C-2に拘ったのである。(値段もあるが・・)
CDがまだ無かった時代のプリアンプである。
社会人になり最初に買ったアンプがYAMAHA A-7 という機種だった。NS-1000M
と一緒に導入した記憶がある。当時はセパレートアンプには手が出せなかった。
とても懐かしい思い出である。


いつものようにオークションで手に入れたが、安かった割にはまずまずの状態の外観
である。多少のくすみはあるが、ブラックなので余り目立たないのがいい。

機能的には多少の[訳あり]商品だったが、普段使いにはまったく気にならない。
PHONO(MC&MM)、TUNER、AUX(CD)、TAPE-OUT1にDACを繋いでみた。
すべての音がマトモっぽく(?)出ている。

MCカートリッジ(DENON DL-103)でドボルザーク 交響曲9番をかけてみた。
第三楽章、金管が高らかに鳴っている。

今回はちょっといいお買い物ができたようだ。


[PR]

# by w210_yo302tsu3132 | 2017-07-17 15:33 | オーディオ・ビジュアル