のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自転車( 140 )


2014年 09月 20日

荒川サイクリングロード

a0154461_12174134.jpg
友人と3人で荒川CRを走った。トップシーズンの到来だ。
CR脇に群生する黄色い可憐な名も知れぬ花々。
風を感じ心が癒されていく。



[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-09-20 12:20 | 自転車
2014年 06月 14日

イマサラではあるが・・・

自転車を始めて数年。部屋がクロモリだらけになっている。
歳もトシだし、自然のナリユキかも知れないな。

速く走ろうとはしない。と言うか「走れない」。
ゆっくりと距離を乗りたい、と思う今日この頃だ。
坂バカではないが、たまにはちょっとした登坂もいいものだ。

そんな折にちょうどいいものを手に入れた。
a0154461_18060653.jpg
国営BS放送局のチャリ旅番組の方が愛用している「アレ」だ。
 ☆ rin project Casque(leather)
ブラックを基調にカーキ&ブラウン、なんと渋いデザインだろう。
レザーゆえの、ほんのりとした革のにおいがまたいい。

これで梅雨の合間のちょっとした晴れ間を楽しむつもり・・・



[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-06-14 23:16 | 自転車
2014年 06月 01日

初夏のポタリング

6月になったばかりだというのに30℃近くまで気温が上がった。
ロードで走ると風が爽やかだ。
a0154461_15480281.jpg
最近はSILKに乗る機会が多い。



[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-06-01 15:49 | 自転車
2014年 05月 06日

GW恒例の峠越えに

今年のGW後半は好天に恵まれた。 恒例の峠アタックへ向かう。
a0154461_09323321.jpg
標高800m地点まで上がるとパノラマが開けた。まさに天空の里。
まるでジオラマを見ているよう。

a0154461_09325155.jpg
この高さまで上ってくると植物も違ってくる。
ヤマブキの群生に迎えられた。鮮やかな一輪を1枚。

a0154461_09331887.jpg
峠に鎮座する大山祗神社。ここから反対側に降りる。

※平地に着いて暫らく走ると後輪がパンクした。
 理由は不明だが、ホームセンターに立ち寄りチューブ替えで凌いだ。

<追記:便利な優れもの>
ホームセンターでのパンク修理(チューブ交換)は「お預かりです」
と言われたため自分で交換する事にした。その際に空気入れ(コンプ
レッサー)をお借りしたが、フレンチバルブに対応していない。
コーナー担当の方が「私物ですが・・・」と貸してくれたのがこれ(↓)
a0154461_18563597.jpg
仏式を英式に変換するアダプターだ。なんて便利なモノがあるんだろうと
感心した。調べてみたら仏式を米式に変換するアダプターもある。
英式だとロードタイヤの気圧にするのは厳しいが、米式なら可能かも知れ
ない。こんな小物を常時携帯していればGSでも空気を入れられる。
今更ながら是非とも常備しておきたいと思った逸品だ。




[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-05-06 10:53 | 自転車
2014年 05月 06日

世界文化遺産とKATAKURA SILK号


世界文化遺産に登録される見通しとなった富岡製糸場を早朝に表敬訪問。
手前は我が愛車・KATAKURA SILK号。
a0154461_09311911.jpg
この関係をご存知の方はそう多くないだろう。

いまや「富岡製糸場」だが、廃業後地元富岡市に寄贈したのが片倉工業だ。
繊維業で財を成した財閥だが、高度成長期には自動車、バイクとさらには
自転車も手掛けた時期がある。なんと、東京オリンピックのレースを走った
国産自転車、としても逸話が残るメーカだ。

a0154461_09314208.jpg
開門1時間前にこの行列。さらに見物客がどんどん増えていく。
とても並ぶ気力はない。

a0154461_09320267.jpg
正面玄関から工場の裏側に移動。塀の外からレンガ造りの倉庫群を望む。

明治維新のさなか、フランス人建築技師を招聘して建築したというだけ
あって、赤レンガ積み建築がエキゾチックな外観を醸し出している。

片倉工業の『売らない、貸さない、壊さない』の3原則がなかったら世界
遺産どころではなかった。片倉工業には敬意を表したい。




[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-05-06 10:15 | 自転車
2014年 04月 27日

ハナミズキ

a0154461_17014568.jpg
桜が過ぎ去った今、ハナミズキが賑やかだ。
きれいなピンクが目にも鮮やかだが、今日の写真は純白のハナミズキ。

今日はショーグリEXと軽いポタリングへ。ちょっと風が強いな。



[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-04-27 17:04 | 自転車
2014年 01月 04日

謹賀新年

a0154461_1858527.jpg
昨日帰省先から帰ってきた。
今日は新年の走り初め。風もなく時々陽が射すまずまずのポタリング日和。
初心に戻ってミニベロ(ショーグリEX)で出掛けた。やはりロードとは一味違う。
それにしてもブレーキの効きが甘いな。何とかせねば。

毎年、年始めに考えるのだが、今年も何か新しい趣味を始めてみたい。
何を始めるかはこれからじっくり考える事にしよう。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-01-04 19:05 | 自転車
2013年 06月 22日

BRUNO VENTURA 20Tの451化、ついに完成

昨年秋口に始まったVENTURA20Tの451化がようやく完成した。
後輪のハブが見つかった事がきっかけで拍車が掛かった。


まずは全体像から。
a0154461_19182496.jpg


ホイールの交換は勿論の事、影響する部品も交換する事になる。

最初にキャリパーブレーキ。オリジナルの406の時にはロングリーチ
が付いていた。ホイール径が大きくなった事でロングは使えなかった。
敢え無くショートリーチに交換する事となった。
ついでにカラーもBlackからSilverに変更した。
a0154461_19185745.jpg


タイヤも451でも極細の20×1にした。太いとフレームに干渉すると
の情報もあったが、さすがに1インチだと全く問題がなかった。
細めのフレームとのバランスも申し分ない。

あとのコダワリはハンドル。オリジナルは下ハンも握れない他、デザ
イン的にも酷かった。勿論ブレーキの補助レバーも外した。

備忘のために交換部品を纏めておく。
◆ハンドル:Cinelli製ヴィンテージドロップハンドル
◆ホイールはBillionのショーグリEXから移植 (451)
 ※ただし、リアは135mmのため使えず、以下のハブで組みなおし
 ★FH-7403(DURA-ACE) 130mm/28H
◆タイヤ:KENDAKONTENDER 20×1 (451)
◆ブレーキキャリパー:ショートリーチ
◆スプロケット:CS-HG50-9(TIAGRA) 14-25T
◆Fメカ:FD-5700(105) φ31.8(28.6mmシム付)
◆チェーン:CN-HG50-9
◆ミッシングリンク:KMC9S用
◆インナーケーブル:UNEX シフト用 2本/ブレーキ用 2本
◆アウターケーブル:jagwire 4mmシフト用/5mmブレーキ用
◆フレームプロテクター:jagwireTUBE TOPS 3G WHITE CHA054

完成したので友人宅まで30km弱を自走して届ける事にした。
乗った感じだが、「素晴らしい」の一言に尽きる。
オリジナルはBRUNO社のデザインミスではないか、と思うほど
酷かったが、451化でこれほど走りが激変するとは思わなかった。
とにかく大正解だった。

オーナー様もこの変化には大感激だった。
いままでぞんざいに扱ってきたが、これからは大事に乗るという。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-06-22 19:40 | 自転車
2013年 06月 15日

FH-7403にカセットスプロケットを装着

ミニベロ BRUNO VENTURA 20Tの451化で最大の難関だったリアホイール。
ようやく組み上がったリアホイールの FH-7403 のフリーボディに9Sのカセット
を装着する。

とは言え、FH-7403は元来8S時代のシロモノ。辛うじてエンド幅は130mmに
なったものの9Sが装着できるのか?当時shimanoに9Sは存在してなかった。

ネットを調べてみるが、なかなか的を得たサイトが・・・
トップ11Tは装着できない、という記事が多かったので選んだのはトップ14T。
ジュニアカセットと呼ばれる CS-HG50-9(14T-25T)。
a0154461_115396.jpg


では、ドキドキしながら装着をはじめる。ローから7枚まではバラせない仕様だ。
スペーサーを1枚追加。8枚目を1枚追加。最後に14Tのトップを装着する。
ここまでは何とか順調だ。11Tではロックリングが入らない、という噂が気になる。
a0154461_1161023.jpg
a0154461_1164364.jpg


薄くグリスを塗ったロックリングを恐る恐る・・・
見事、収まった!問題は何ら見当たらない。スプロケットロックリングツール
を嵌めてモンキーレンチで締め付けて装着完了。

見栄えもそこそこ。ミニベロには勿体無いくらいのハブ(FH-7403)かな?
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-06-15 11:43 | 自転車
2013年 06月 02日

451サイズのホイールを手組みする - そして完成

友人のBRUNO VENTURA 20Tの451化で、リアホイールが組みあがらないまま数ヶ月が過ぎ去った。

(問題点と経過は過去のブログ & を参照)

変則組みをする為にはスポークを切る事になるが、踏ん切りが付かないまま放置していた。
そうこうしているうちに、130mm/28Hの格安のハブが見つかり手に入った。
※スポークネジ切り器まで買ったのにぃ・・・

友人を自宅に招き手組みを伝授しながら体験組みをしてもらった。
組みあがったホイールを振れ取り台にセットした時の振れの大きさには友人もビックリしていた。
「この振れが取れるの!?どこから手をつければいいんだ?」的な顔つきだった。


a0154461_19491461.jpg
四苦八苦しながらも3交差で組み上がり、縦・横の振れ取り~センター出しまで終わり無事完成した。

a0154461_19501825.jpg
ハブは何と! SHIMANO FH-7403 DURA-ACE だ。

ここまでくれば VENTURA 20T の451化ももう少しだ。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-06-02 19:57 | 自転車