のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自転車( 140 )


2013年 05月 26日

Atala整備後・・・ 試乗へ

ドライブトレイン清掃とリアシフターをフリクションに切り替えたりした。
お天気に誘われて、試乗を兼ねて近所にポタリングに出掛けた。

途中、森が深い公園で一休み。
リアホイールがセンターに取り付けられてなかったので急遽取り付けなおした。
a0154461_2219479.jpg

ヘッドパーツの緩みもなく、ドライブとレインもシフトもまずまず順調だ。
30kmほどゆっくり走り良い汗をかいた。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-05-26 18:16 | 自転車
2013年 05月 25日

Atalaドライブトレインの清掃

未舗装の林道を走破したせいか、ドライブトレインの汚れが酷い。
特にチェーンが顕著だ。洗浄するしか無さそうだ。

定評の高い FINISH LINE Citrus Bio-Solvent Degreaser[600ml] を
使ってみる事にした。
a0154461_21515620.jpg


チェーンはKMCのミッシングリンクを使って繋いであるので取り外すのは簡単だ。
ここは先人のお知恵をお借りしてペットボトルでシェイクする事にした。
使用するペットボトルもなるべく口の大きいのがチェーンの出し入れがし易い。

ところが、意外に口の大きなペットボトルが流通していない。灯台下暗し、最寄り
のFit Care DEPOTにあった。
a0154461_21564651.jpg
グラソービタミンウォーターのパワーc(ドラゴンフルーツ)を買ってきた。500cc
入りで200円もした。(笑)

a0154461_221453.jpg
チェーンを外しペットボトルに入れディグリーザーを注ぎ軽くシェイクする。
暫らく放置してから取り出すとピカピカになっているが、黒ずんだディグリーザー
が纏わり付いている。
ウェスで拭き取ろうか水で洗い流そうか迷ったが、水で洗い流すことにする。
すると・・・ 纏わり付いていたディグリーザーが見事に流れて綺麗になった。
これをペーパーウェスで拭き取った後、素早くドライヤーで乾燥させた。

a0154461_2295518.jpg
チェーンリングやスプロケット、ディレイラーも掃除しチェーンを繋ぎなおした。
丁寧にチェーンオイルを注して、ディレイラーの可動域を再調整した。

ついでにリアシフターをフリクションに切り替えてみた。
shimanoのマニュアルには切り替え方が載っていない。
a0154461_229538.jpg
取り付け時に締め付けたネジを少し緩め、矢印の部分を90度ほど手前に廻し
再度締め付けた。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-05-25 18:50 | 自転車
2013年 05月 25日

新しいツール(工具)の仲間入り-3

Atalaのヘッドパーツの調整用にヘッドスパナを購入した。
いままではモンキースパナだけでロックナットを廻していたが、玉当たり調整がうまく
出来ない。

a0154461_1712150.jpg
BBB BIKE TOOLS BTL-56 HEADFIX 32/36mm
1インチスレッド規格のヘッドパーツなので32mmが適合サイズだ。

BBBの工具は安価な割りにしっかりした作りなのがよい。グリップ部分がゴムで滑り
難くなっている。

玉当りをみながらこのヘッドスパナで上ワンを押さえながら、ロックナットをモンキー
スパナで少し強めに締める。これで走行中の緩みも無くなるだろう。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-05-25 17:36 | 自転車
2013年 05月 07日

カンパニョーロ・BB工具

a0154461_2136698.jpg
Atalaのフレームを手に入れた時に付いてきたベローチェ規格(?)のスクエアタイプのBB。
ロックリングを外したかったが、どんな工具を用意したらよいか分からず、外さないまま組み
上げてしまった。BBシェル内の掃除もしたかったのだが・・・


ずっと気になっていたが、やっと専用工具らしきのを見つけた。
a0154461_2159366.jpg
カンパ純正「UT-BB100」という工具だ。まるでUFOのようなデザインだ。
工具箱の仲間に入れようとしたが、これが妙に高価なのだ。海外サイトで$89もしている。
汎用性も低そうだし・・・ さぁ、どうしたものか?

BB工具ってどうしてこんなに規格が多いんだろう。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-05-07 22:23 | 自転車
2013年 05月 05日

ヒルクライム2日目・妙義山チャレンジ

昨日に続きヒルクライムに挑戦。

a0154461_18292585.jpg
今日目指すは奇岩で有名な妙義山。上州では赤城山、榛名山とともに上毛三山として名高い。
地元の小学校では遠足コースだ。

かくいう自身も小学校時代には山腹の県の施設に一泊研修の記憶がある。
うん十年振りでその施設を表敬訪問する事にする。

a0154461_18323269.jpg
a0154461_18324588.jpg

群馬県立妙義少年自然の家。改め、「県立妙義青少年自然の家」だそうだ。
管理人の方が「最近名前が変わったんだよ」と教えてくれた。
子供の頃には凄く大きな施設に思えたが、今見るとこじんまりとしている。
敷地内には立派なヒノキの大木が2本そびえ立っている。

ここから自転車では登れないので、せっかく登った道を少し引き返し目的の
ルートに戻る。数人のヒルクラーマーとすれ違ったり、追い越されたりしなが
ら目標の中之岳神社を目指しひたすら登る。

a0154461_18403958.jpg
途中にはパラグライダーを楽しむ人たちも。

その先に待ち受けていた絶景。
a0154461_18425968.jpg
a0154461_18475110.jpg
奇岩が手にとる様に迫る。左下には「さくらの里」だが、観光客で駐車場はいっぱいだ。

ここを過ぎればもうすぐ峠の頂上で、その先は今日の目的地の中之岳神社だ。
赤い鳥居に迎えられる。
a0154461_18502491.jpg


昨日の峠よりは少しだけ標高は低いようだ。
少し休んだあとはダウンヒルを楽しみながら帰路に着く。

2日にわたり新緑とマイナスイオンと自然を満喫した旅だ。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-05-05 18:26 | 自転車
2013年 05月 04日

峠越え・リベンジの旅

元旦に試みた峠越えを雪と氷に阻まれて潔く引き返してから早くも4ヶ月。
こどもの日を前日にリベンジに臨む。

a0154461_1733916.jpg
峠に差し掛かった矢先に大量のこいのぼりに歓迎をうける。「こいのぼりの里」と称した村おこしだ。

a0154461_1736068.jpg
こいのぼりに元気を貰い、13%,14%の急坂を登ることしばし。

a0154461_17371497.jpg
元旦に引き返した地点はこの辺だろうか?当然だが今日は雪も氷もない。

急坂以外には今日はなんの問題もない。初踏破の先には神社の社が建っていた。
多分昨日は神社の祭りだったはずだが今日は人も少ない。

a0154461_17423240.jpg
a0154461_17424983.jpg
社を過ぎ軽快にヒルクライムを楽し(苦し)む。標高が高くなったとみえて、森林の
樹木が杉からカラマツへと変わる。

a0154461_17441662.jpg
道幅も広く舗装も新しい林道をさらに登ると愕然とする!
何と未舗装の本物の林道だ。21サイズのチューブラータイヤには厳しすぎる。
仕方なく押して登ること300mほどか、峠の頂上へ到達した。

難儀した者だげが味わえる・・・  観よ!この絶景。
a0154461_17472538.jpg

遠くに荒船山を望む。写真にはないが右には浅間山が姿を見せる。

さぁ、どうするこの先?進むも戻るも砂利道の林道だ。
反対側から登ってきた車の御仁に尋ねてみた。
「この先って暫らく砂利道ですか?」『かなり下の方までこんな道だよ・・・』
戻ろうか進もうか・・・ 一度は戻ろうと進路をとるが、迷いに迷って「進むこと」に決
めた。

まぁ何とかなるだろう・・・と。
未舗装だわ急な下りだわと、これが予想以上に難儀した。サドルに座れないまま
下ハンドルを握り、ブレーキレバーを握り締めながら後傾姿勢を保ち、ダウンヒル
を遣り過したが、握力がゼロと化した。

ようやく民家のある里に下りたときには本当にホッとした。舗装路がこんなにも快
適だとは。

a0154461_1831370.jpg
今日の頑張った甲斐のある絶景がもう一つ待っていた。こんなにも凄い自然の藤もそう無いのではないだ
ろうか。疲れが癒される思いがする。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-05-04 17:27 | 自転車
2013年 04月 29日

続)Atala試乗2日目・・・

緑濃い絶好の季節、昨日に続きAtala試乗へ出掛けた。
a0154461_19394378.jpg


昨日に続きサドル位置を調整しながら、今日は60kmほど走った。
サドルの前後位置がいまひとつしっくり来なかったが、走り終わる頃になって
ようやく落ち着いた。

更にヘッドパーツの締め付けがちょっと甘かったようで緩みが出てきた。
ヘッドスパナの持ち合わせもないので、手の力でロックリングを増し締めし、
当座を凌いだが、その後は何とか無事に走れた。

SL-7700のリアのインデックスがカチカチと小気味よい音を立てて決まる。
フロントのフリクションも使い勝手が良い。

カンパのスクエアタイプのBBも良く廻るし、BR-7700の効きも申し分ない。
組み上がったAtala+77-Dura、概ね満足だ。

久し振りにY's横浜店に寄ってみた。店舗の拡張でウェア類が別ビルに移転
していた。かなりのご無沙汰なので定かではないが、相当前の移転なのかも
知れない・・・ いずれにしても自転車業界は好景気なようだ。

Jagwireの Non-Clips Cable tip(SILVER)を購入して帰路に着いた。
4個セットで651 円也。ちょっとだけエコな気分に浸る。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-29 20:04 | 自転車
2013年 04月 28日

Atala完成そして試乗へ・・

GW前半が始まった。今回は天候にも恵まれた。

初日は友人がロードの整備に来訪し、ハブの交換をしたホイールにチューブラー
タイヤを貼って完成させたいというので、整備をして過ごす事にした。

私はというと、当然Atalaの残り作業をした。ケーブル周りの作業とチェーンの取
り付けで完成までもっていく。

ブレーキケーブルは拘りの上出しにしたが、アウターの長さを決める際に程よい
長さってどのくらい?と迷った。自分のセンスを信じてカットした。

シフトケーブルはWレバー仕様なので、短くて済むのと、アウターがリアの手前に
しか必要ないため、とにかく作業は楽だ。

チェーンを切ってKMCのミッシングリンクで繋いで注油した。
ブレーキ調整とディレイラー調整を念入りにし、最後にバーテープを巻いたら完成
だ。今回は「白」にしてみたがイメージは・・・

という事で、本日早速試乗へ出掛けた。
a0154461_18513668.jpg

a0154461_18515090.jpg
サドル調整をしながら江の島まで足を伸ばしたがさすがにGWだ。
とにかく人が多い・・・


数枚の写真を撮ったら帰路につく。帰り道、森林公園に立ち寄ったら藤棚が満開
だった。
a0154461_1855816.jpg

とにかく絶好の季節だ。出掛けない手はないよ、と自身に言い聞かせた。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-28 18:59 | 自転車
2013年 04月 21日

Atalaへのパーツの組み付け開始

今日も昨日に続き天候が優れない。4月も下旬だというのに2月の陽気だそうだ。

出掛けられないのでAtalaを組み始める事にした。文字通り「日曜大工」ならぬ
「日曜自転車工」である。

今日は集めたパーツを取り付けるまでにとどめた。
ワイヤーケーブル類の処理とチェーンの取り付けは後まわしだ。

a0154461_1602526.jpg
まずはフロントディレイラーから。続いてリアディレイラーに取り掛かる。
Wレバーは初めての取り組みでマニュアルを読みながらの作業となったが、何とか
取り付けられた。前後のブレーキキャリパーは特に問題無く取り付けられた。

a0154461_160351.jpg
DURAの古そうなシートポストにはsan marcoが乗る。使い古された感じがいい味
を醸し出してる。グランコンペのGC202Hも取り付け易かった。ハンドルに装着すると、
より一層いい感じになった。とても現行パーツのデザインとは思えない。

そして、唯一のカンパ。ベローチェのクランク&チェーンリング。(BBもだが)
右クランクのveloceの文字がこすれて消えかかっていたので、ペイントリムーバー
で綺麗に消した。77-DURAに取り囲まれてはいるが、馴染んだ雰囲気となっている。
クランク固定用のフィキシングボルトはカンパのスクエア用を調達できた。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-21 16:27 | 自転車
2013年 04月 20日

Atalaのコンセプト

先日手に入れたクロモリ・ラグドフレームのAtala。組み上げるにあたり、その
コンセプトにはいろいろ迷いながら検討を重ねた。
BRESSAN VINTAGEがカンパニョーロ・ATHENAのエルゴパワー仕様なの
で、AtaraはWレバー仕様にすることにした。

カンパに対し、選んだWレバーがSHIMANOのDURA-ACE 7700シリーズ。
9Sインデックスとフリクションを使い分けられる仕様だ。

Wレバーを7700と決めたので、ほかも出来るだけ同じシリーズで統一する
ことにした。方針が決まり集めたパーツが以下である。
a0154461_14364229.jpg

・Wレバー:SL-7700
・ブレーキ:BR-7700
・Fメカ:FD-7700-B(31.8⇒28.6シム対応)
・Rメカ:RD-7700(SS)
・チェーン:CN-7701

ここまでは77-DURA-ACEで統一出来たが、ブレーキレバーの選択に悩む。
77-DURAではSTIレバー仕様となっており、ブレーキレバーがラインナップに
無い。74-DURAでなら何とかなりそうだが、ワイヤー処理がエアロ仕様となっ
ているため、上出しに拘る身としては食指が動かない。

こんな理由からDURAを諦め以下のパーツを選択した。
a0154461_14465313.jpg

・グランコンペ GC202H(穴あきタイプ)

レバーの穴あきといい上出しワイヤー処理といい飴色のブラケットカバーといい
全体的に良い雰囲気を醸し出している。序でにKMCのミッシングリンクも用意した。

じっくりコツコツと組み上げる事にしよう。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-20 14:58 | 自転車