のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自転車( 140 )


2013年 04月 13日

早春のダム(宮が瀬湖)へ

健康回復願望の御仁の走行会第2弾。
本人たっての希望で宮が瀬湖を目指すことになった。
全行程を自走したいところだが、2度目という事もあり無理をせず途中
までは車で輪行した。

コースはいつものように北面の半原側からのアタックだ。
まずは最初の急坂を登りきったところに控える服部牧場にて一休み。
a0154461_67746.jpg
高原の牧場で草を食む羊を見ながら疲れを癒す。
天気も良く牧場は家族連れで賑わっていた。


休憩後・・・ 最後の急坂を制覇した者だけが味わえるダム湖の絶景。
a0154461_691266.jpg
本人曰く「この景色が観たかったんです!」と大感激だった。
今日は見通しが良く横浜ランドマークタワーまで見渡せた。
新緑が気持ちのいい最高の季節だ。

次は全行程自走で来ようねっ!
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-13 19:59 | 自転車
2013年 04月 07日

ITA規格のBB

先日手に入れたATALAのフレームに付いてきたスクエアタイプのBB。
Veloce10Sのクランクを外したところ規格が確認できた。
a0154461_17262879.jpg

70mmの文字が見て取れるのでITA規格である。

ITAのBB規格のフレームは初めてである。この付属のクランクを使うかどうか迷ったが、
ITA規格のBBを手に入れるのも面倒なので、そのまま使うことにしたいと思う。

このフレームからどんな完成車にしようかと思案中だが、シマニョーロの仲間入りになり
そうな気配である。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-07 17:35 | 自転車
2013年 04月 07日

続)ハブの交換

昨日に続ききょうは後輪に取り掛かる。
前輪に比べ左右のスポーク長が違ったり、センター出しが微妙だったりと「おちょこの分」気を遣う。
ホイール組も451サイズを含めてこれで4セット目になる。
これだけ本数をこなすともう手慣れたもので、随分と手際も良くなった。
a0154461_17112920.jpg

前後ともRX100ハブを4600Tiagraに交換したが、スポークはそのまま流用できた。
多少長さが違うのかもしれないが、誤差の範囲に収まったのだろう。
スポークもリムも割合に綺麗だったので、ハブを新品に交換したら全体が新品のように蘇った。
ただ、ハブのプロポーションはRX100の方が全体的に線が細くヴィンテージ性が高い。

オーナーが喜んでくれるといいのだが・・・
チューブラーは取りに来たときに貼る事にしよう。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-07 17:22 | 自転車
2013年 04月 06日

ハブの交換

友人(女性)に頼まれて去年組んだロード。甘鯛ピンクの塗装が絶妙で
どこを走っていても目を引き、見ず知らずの人から声を掛けられるそうだ。

当の本人はマンザラでもなく一層愛着が湧き、日々磨いたりと手入れも怠り
無いようだ。私にとっても嬉しい事だ。

で、相談を受けたのが「磨いてもハブがピカピカにならない!」との事。
他のパーツはTiagra4600シリーズの新品パーツを使って組んだが、ハブ
だけはカスタムベースとなった車両に付いてたホイールのままだったので当
然の事である。

余り費用を掛けずにピッカピカのハブにしたい、との事だったので他のパーツ
と同じシリーズの4600Tiagraの前後ハブを調達した。これがとにかく安く
ビックリするくらいである。

ハブ交換とは言っても、結局「総バラシの組みなおし」しかない訳で、以下が
バラシた図である。リムとスポークと勿論ニップルも流用するので綺麗に磨いた。
a0154461_12164773.jpg

36Hの8本取り(4交差)のJIS組みで仕上げた。
a0154461_12202971.jpg
a0154461_12204142.jpg
やはりピッカピカのハブは組みあがっても気持ちがいいものである。
バルブ穴からはTiagraのロゴが読み取れる。これもセオリーどおりだ。
クイック(スキューワー)はフレーム色にあわせてチタンのピンクを合わせる。
すっごく軽いクイックだ。
MAVIC GL330のデカールのピンクともカラーコーディネートできてるかな?
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-06 12:28 | 自転車
2013年 03月 10日

イタリアン・クロモリ・ラグドフレーム

日曜日の今日は強風の上、花粉・黄砂・PM2.5が飛びまくっているようだ。
床屋に行きたいのだが余りの天気に外出も出来ず気分が滅入っている。

そんな折り、ロードフレームが届いた。物欲に負けてまた手に入れてしまった。
a0154461_12415238.jpg

ITALIA MILANOの ATALA というメーカーのヴィンテージフレームだ。
パイプの素性は分からない・・・・ COLUMBUSなのだろうか?
写真で見る限り綺麗なライトブルーメタリックだが、近づいて良く見るとそれ
なりに塗装剥げが目立つ。レストアの一環で全塗装をするか検討だ。

a0154461_12511439.jpg
剣先型フォークは汚れてくすんではいるがオールメッキ仕上げだ。

a0154461_12542250.jpg
ATALAの文字をフォーククラウンと、シートステイ集合部に彫刻してあったりと
それなりに凝った造作だ。
a0154461_12544375.jpg
トップチューブのブレーキアウタートンネルやら、Wレバー台座やら一般的だが、
ブリッジのシートステイ接合部などは凝っている。

撮影用に前後のホイールは手持ちを付けたが、それ以外はオマケで付いてきた(笑
・BB:(規格不明・未測定) ※フィキシングボルト欠品
・クランクセット:Veloce10S 170 50/34
・シートピン:MICHE
・シートポスト:shimano DURA-ACE
・サドル:Selle SanMarco Racing Team Regal
・ヘッドパーツ:TANGE LEVIN
・シフトケーブルアウター受け:shimano
・ステム:NITTO Pearl 8
・ハンドル:NITTO P.R. 400mm(CtoC)

さて、この先どんなコンセプトで組もうか?こんなコトを考えている時が一番楽しい。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-03-10 13:17 | 自転車
2013年 03月 02日

健康回復の為に・・・

会社の後輩が健康診断の結果がおもわしくなくショックを隠せないようで、
自転車が健康回復に役立つという話をしたら乗ってきた。

そこで、いつものメンバーとともに初心者を迎えて歓迎走行会を計画。
a0154461_20174089.jpg

走る前にロードレーサーについて十分勉強した成果もあり、途中でサドル
高を調整しただけでスムーズに走れた。

元来、運動神経の良いタイプのようで、全く手が掛からない。とても初めて
乗るとは思えないほどだった。

帰宅後はいつものように宴会だ。
ホイール組みについて実演を交えて盛りあがった。

次回の走行会も楽しみだという。健康を回復する日も近いだろう。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-03-02 20:55 | 自転車
2013年 02月 24日

カラーコーディネート

a0154461_16542355.jpg

昨日装着したRedのクリンチャータイヤを纏ったホイールをラレー号に換装した。

タイヤのカラーに合わせてバーテープも同色で巻き替えたが、実は新車で購入以来の
交換となった。良いか悪いか、まったく痛みの目立たないバーテープだったのだ。(笑

数年間貼り付いていたバーテープを剥がすのに一苦労。接着テープがハンドルに貼り
付いて綺麗に剥がれないのだ。パーツクリーナーを充分浸み込ませてようやく剥ぎ取った。


メンテナンスのついでにチェーンをCN-7701に交換し、ドライブトレイン周辺を入念に
掃除した。日頃の手入れのお陰か乾拭きレベルで綺麗に蘇った。
最後はチェーンの一齣ずつに入念にオイルを注した。抵抗もなくよく回転してくれている。

やはり綺麗なロードバイクを見るのは気分のいいものだ。
今週末は久し振りに自転車仲間が集まる予定だ。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-02-24 17:09 | 自転車
2013年 02月 23日

初めてのカラータイヤ

久し振りにクリンチャータイヤネタ
a0154461_17103530.jpg

Panaracer CATEGORY S2(700×23C/レッド)
色目はDeepPinkに近いRedだ。

a0154461_17141987.jpg

先日手に入れた中古のホイールをクリーニングして、前後とも振れを取った。
写真には写らないが、リムテープには Panaracer PolyLite 700-15 を使った。
shimanoのカセット CS-HG50-9 を取り付けた。
ちょっと気分を変えてカラーバリエーションを楽しみたい。

あまり評価は高くなさそうだがとにかく安い。普段履きには十分か・・・
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-02-23 17:24 | 自転車
2013年 02月 16日

新しいツール(工具)の仲間入り-2

ホイールの変則組みで壁にぶち当たっている記事を前回書いた。

突破の方法を考えた挙句、選択したのが新規工具の導入だった。
まさか自分でここまでやるとは夢想だにしなかったが、エスカレートする
衝動を自分でも抑える事が出来ない(笑

スポーク長を論理的に計算できないなら、現物合わせをするしかない
という理由での導入だが、もう少し数学が得意なら計算できるのかも知
れないと思うと何だかなぁ、と思ってしまう。

という訳で、定番の工具が届いた。
a0154461_1633757.jpg
■HOZAN スポークネジ切り器・C-700
■HOZAN スポーク切り・C-216
■卓上万力 テーブルバイス(60mm)   である。

で、今後だが、まずは正当なスポーク長を計算する。
これに飛ばす穴に隣接するスポークに数mmの+誤差を与えてスポーク
長を決める。Excelで図を書いてみた。
a0154461_1694455.jpg

外側のリムが28H。内側のハブが36Hの片側で18H。緑の穴が飛ばす穴だ。
緑の穴に隣接する破線のスポークを少し長めにする必要がありそうだが・・・・・

こんな設計図とも呼べないシロモノが何の役に立つのか?
ともあれ、自身で一本一本の長さを決められるので心おきなく楽し(苦し)めそうだ(笑
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-02-16 16:24 | 自転車
2013年 02月 11日

ホイールネタばかりだが・・・

ここ最近、ホイールネタが続く。
ホイールの手組みを始めてからというもの、何かに取り憑かれたようだ(笑

今回も451/130mm、リアホイールの手組みだ。
コトの発端は友人のBRUNO VENTURA 20Tの451化である。

1. 私のミニベロ(ショーグリEX '07)のホイールを手組みしたことでオリジナル
のホイールが空いた
2. これをBRUNO VENTURAに移植しよう
 ⇒Frontは問題なく収まった
 ※ここで問題が発覚。リアのエンド幅が合わない(135mm⇒130mm)
 ※135mmをVENTURAに装着しようと試たが無理だった

・・・出来るだけ費用は抑えたいが、最低でもハブの交換は必至だ

ショーグリEX '07のオリジナル・ホイールのリムは28Hである。これに合わせ
28H/130mmのシマノ互換のリアハブを探すが、安価なモノが見つからない。

仕方が無いので代替案を模索する。
案1. 32H等のリムを新規に調達する
案2. 36Hのハブと組み合わせた変則組みに挑む

まずは練習モードでストックのあるパーツを利用して案2.の変則組みに臨んでみた。
ハブはFH-4500/36Hだ。スポークとリムはショーグリから。

36Hの片側が18H。28Hの片側は14H。という事はフランジの片側4H(18H-14H)
を余らせれば良い事になる。理屈ほど簡単じゃないことも理解しているが・・・

まずは、4H余らせて組みあがったのがこれ(↓)
a0154461_14304544.jpg

片側4H余らせた状態で組み上がった。2交差タンジェントのイタリアンだ。
a0154461_14294454.jpg
見る方向によっては出来たようにも見えなくもない・・・


が、致命的な事態が・・・・
a0154461_1434156.jpg
スポークが長すぎた。ショーグリEX '07のオリジナル・スポークを流用したが、長過ぎたのだ。
当然といえば当然だ。OLD値135mmが130mmになっているし、3交差を2交差で組みなおした。
問題は単純に「短いだけ」ではなさそうだ。そう、変則組みゆえ、全部のスポーク長が同じではまず
いのだ。組む前からそんなこと位は予想出来たが、組みあがってそれが証明された。

きちんとスポーク長を計算するところから始めなければ・・・
それにしても個々のスポークの長さをどう決めてスポークを発注すれば良いのか・・・?

こうなれば「現場合わせ」しかないか。いよいよ禁断の「スポークネジ切り器」を調達する事に・・・?
さぁ、どうする!?

(完組みを買ったほうが安いな・・・・)
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-02-11 15:18 | 自転車