のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 29日

続)Atala試乗2日目・・・

緑濃い絶好の季節、昨日に続きAtala試乗へ出掛けた。
a0154461_19394378.jpg


昨日に続きサドル位置を調整しながら、今日は60kmほど走った。
サドルの前後位置がいまひとつしっくり来なかったが、走り終わる頃になって
ようやく落ち着いた。

更にヘッドパーツの締め付けがちょっと甘かったようで緩みが出てきた。
ヘッドスパナの持ち合わせもないので、手の力でロックリングを増し締めし、
当座を凌いだが、その後は何とか無事に走れた。

SL-7700のリアのインデックスがカチカチと小気味よい音を立てて決まる。
フロントのフリクションも使い勝手が良い。

カンパのスクエアタイプのBBも良く廻るし、BR-7700の効きも申し分ない。
組み上がったAtala+77-Dura、概ね満足だ。

久し振りにY's横浜店に寄ってみた。店舗の拡張でウェア類が別ビルに移転
していた。かなりのご無沙汰なので定かではないが、相当前の移転なのかも
知れない・・・ いずれにしても自転車業界は好景気なようだ。

Jagwireの Non-Clips Cable tip(SILVER)を購入して帰路に着いた。
4個セットで651 円也。ちょっとだけエコな気分に浸る。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-29 20:04 | 自転車
2013年 04月 28日

Atala完成そして試乗へ・・

GW前半が始まった。今回は天候にも恵まれた。

初日は友人がロードの整備に来訪し、ハブの交換をしたホイールにチューブラー
タイヤを貼って完成させたいというので、整備をして過ごす事にした。

私はというと、当然Atalaの残り作業をした。ケーブル周りの作業とチェーンの取
り付けで完成までもっていく。

ブレーキケーブルは拘りの上出しにしたが、アウターの長さを決める際に程よい
長さってどのくらい?と迷った。自分のセンスを信じてカットした。

シフトケーブルはWレバー仕様なので、短くて済むのと、アウターがリアの手前に
しか必要ないため、とにかく作業は楽だ。

チェーンを切ってKMCのミッシングリンクで繋いで注油した。
ブレーキ調整とディレイラー調整を念入りにし、最後にバーテープを巻いたら完成
だ。今回は「白」にしてみたがイメージは・・・

という事で、本日早速試乗へ出掛けた。
a0154461_18513668.jpg

a0154461_18515090.jpg
サドル調整をしながら江の島まで足を伸ばしたがさすがにGWだ。
とにかく人が多い・・・


数枚の写真を撮ったら帰路につく。帰り道、森林公園に立ち寄ったら藤棚が満開
だった。
a0154461_1855816.jpg

とにかく絶好の季節だ。出掛けない手はないよ、と自身に言い聞かせた。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-28 18:59 | 自転車
2013年 04月 21日

Atalaへのパーツの組み付け開始

今日も昨日に続き天候が優れない。4月も下旬だというのに2月の陽気だそうだ。

出掛けられないのでAtalaを組み始める事にした。文字通り「日曜大工」ならぬ
「日曜自転車工」である。

今日は集めたパーツを取り付けるまでにとどめた。
ワイヤーケーブル類の処理とチェーンの取り付けは後まわしだ。

a0154461_1602526.jpg
まずはフロントディレイラーから。続いてリアディレイラーに取り掛かる。
Wレバーは初めての取り組みでマニュアルを読みながらの作業となったが、何とか
取り付けられた。前後のブレーキキャリパーは特に問題無く取り付けられた。

a0154461_160351.jpg
DURAの古そうなシートポストにはsan marcoが乗る。使い古された感じがいい味
を醸し出してる。グランコンペのGC202Hも取り付け易かった。ハンドルに装着すると、
より一層いい感じになった。とても現行パーツのデザインとは思えない。

そして、唯一のカンパ。ベローチェのクランク&チェーンリング。(BBもだが)
右クランクのveloceの文字がこすれて消えかかっていたので、ペイントリムーバー
で綺麗に消した。77-DURAに取り囲まれてはいるが、馴染んだ雰囲気となっている。
クランク固定用のフィキシングボルトはカンパのスクエア用を調達できた。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-21 16:27 | 自転車
2013年 04月 20日

Atalaのコンセプト

先日手に入れたクロモリ・ラグドフレームのAtala。組み上げるにあたり、その
コンセプトにはいろいろ迷いながら検討を重ねた。
BRESSAN VINTAGEがカンパニョーロ・ATHENAのエルゴパワー仕様なの
で、AtaraはWレバー仕様にすることにした。

カンパに対し、選んだWレバーがSHIMANOのDURA-ACE 7700シリーズ。
9Sインデックスとフリクションを使い分けられる仕様だ。

Wレバーを7700と決めたので、ほかも出来るだけ同じシリーズで統一する
ことにした。方針が決まり集めたパーツが以下である。
a0154461_14364229.jpg

・Wレバー:SL-7700
・ブレーキ:BR-7700
・Fメカ:FD-7700-B(31.8⇒28.6シム対応)
・Rメカ:RD-7700(SS)
・チェーン:CN-7701

ここまでは77-DURA-ACEで統一出来たが、ブレーキレバーの選択に悩む。
77-DURAではSTIレバー仕様となっており、ブレーキレバーがラインナップに
無い。74-DURAでなら何とかなりそうだが、ワイヤー処理がエアロ仕様となっ
ているため、上出しに拘る身としては食指が動かない。

こんな理由からDURAを諦め以下のパーツを選択した。
a0154461_14465313.jpg

・グランコンペ GC202H(穴あきタイプ)

レバーの穴あきといい上出しワイヤー処理といい飴色のブラケットカバーといい
全体的に良い雰囲気を醸し出している。序でにKMCのミッシングリンクも用意した。

じっくりコツコツと組み上げる事にしよう。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-20 14:58 | 自転車
2013年 04月 13日

早春のダム(宮が瀬湖)へ

健康回復願望の御仁の走行会第2弾。
本人たっての希望で宮が瀬湖を目指すことになった。
全行程を自走したいところだが、2度目という事もあり無理をせず途中
までは車で輪行した。

コースはいつものように北面の半原側からのアタックだ。
まずは最初の急坂を登りきったところに控える服部牧場にて一休み。
a0154461_67746.jpg
高原の牧場で草を食む羊を見ながら疲れを癒す。
天気も良く牧場は家族連れで賑わっていた。


休憩後・・・ 最後の急坂を制覇した者だけが味わえるダム湖の絶景。
a0154461_691266.jpg
本人曰く「この景色が観たかったんです!」と大感激だった。
今日は見通しが良く横浜ランドマークタワーまで見渡せた。
新緑が気持ちのいい最高の季節だ。

次は全行程自走で来ようねっ!
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-13 19:59 | 自転車
2013年 04月 07日

新しいwimax契約とルータ

自宅をWiMAXの完全無線化にしてからもうじき3年になる。
2年目にルータをAterm WM3500Rに変えてから2年が経過しようとしている。
この間、随分無線環境も変わった。そろそろ環境変更を考えないといけない時期だ。
LTEとかにも興味はあったが、定着にはもう少し時間が掛かりそうだ。

a0154461_1745586.jpg

そこで、このたび選択したのが3代目のルータ Aterm WM3800Rである。
ネットで申し込みし、4月4日に宅配便で届いた。
現行機の3500Rから1世代飛び越して、再々のWiMAXの導入である。

メリットとしては・・・
1. 新規機器でバッテリーが新しくなる
2. 安価なプロバイダーとの契約に切り替えたことで通信コストを抑えられる
3. Nexus7のアプリ(Aterm WiMAX Tool)からリモートでスイッチのON/OFFが出来る

メリット山盛りで十分すぎる。いま暫らくWiMAXとお付き合いだ。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-07 18:02 | PC
2013年 04月 07日

ITA規格のBB

先日手に入れたATALAのフレームに付いてきたスクエアタイプのBB。
Veloce10Sのクランクを外したところ規格が確認できた。
a0154461_17262879.jpg

70mmの文字が見て取れるのでITA規格である。

ITAのBB規格のフレームは初めてである。この付属のクランクを使うかどうか迷ったが、
ITA規格のBBを手に入れるのも面倒なので、そのまま使うことにしたいと思う。

このフレームからどんな完成車にしようかと思案中だが、シマニョーロの仲間入りになり
そうな気配である。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-07 17:35 | 自転車
2013年 04月 07日

続)ハブの交換

昨日に続ききょうは後輪に取り掛かる。
前輪に比べ左右のスポーク長が違ったり、センター出しが微妙だったりと「おちょこの分」気を遣う。
ホイール組も451サイズを含めてこれで4セット目になる。
これだけ本数をこなすともう手慣れたもので、随分と手際も良くなった。
a0154461_17112920.jpg

前後ともRX100ハブを4600Tiagraに交換したが、スポークはそのまま流用できた。
多少長さが違うのかもしれないが、誤差の範囲に収まったのだろう。
スポークもリムも割合に綺麗だったので、ハブを新品に交換したら全体が新品のように蘇った。
ただ、ハブのプロポーションはRX100の方が全体的に線が細くヴィンテージ性が高い。

オーナーが喜んでくれるといいのだが・・・
チューブラーは取りに来たときに貼る事にしよう。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-07 17:22 | 自転車
2013年 04月 06日

ハブの交換

友人(女性)に頼まれて去年組んだロード。甘鯛ピンクの塗装が絶妙で
どこを走っていても目を引き、見ず知らずの人から声を掛けられるそうだ。

当の本人はマンザラでもなく一層愛着が湧き、日々磨いたりと手入れも怠り
無いようだ。私にとっても嬉しい事だ。

で、相談を受けたのが「磨いてもハブがピカピカにならない!」との事。
他のパーツはTiagra4600シリーズの新品パーツを使って組んだが、ハブ
だけはカスタムベースとなった車両に付いてたホイールのままだったので当
然の事である。

余り費用を掛けずにピッカピカのハブにしたい、との事だったので他のパーツ
と同じシリーズの4600Tiagraの前後ハブを調達した。これがとにかく安く
ビックリするくらいである。

ハブ交換とは言っても、結局「総バラシの組みなおし」しかない訳で、以下が
バラシた図である。リムとスポークと勿論ニップルも流用するので綺麗に磨いた。
a0154461_12164773.jpg

36Hの8本取り(4交差)のJIS組みで仕上げた。
a0154461_12202971.jpg
a0154461_12204142.jpg
やはりピッカピカのハブは組みあがっても気持ちがいいものである。
バルブ穴からはTiagraのロゴが読み取れる。これもセオリーどおりだ。
クイック(スキューワー)はフレーム色にあわせてチタンのピンクを合わせる。
すっごく軽いクイックだ。
MAVIC GL330のデカールのピンクともカラーコーディネートできてるかな?
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-04-06 12:28 | 自転車