のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 31日

エビ水槽にメダカの稚魚らしき生体を発見

a0154461_17541279.jpg

ミナミヌマエビ(20匹)とチェリーレッドシュリンプ(3匹)を発泡スチール
水槽で飼い始めて一週間。やはりチェリーの方が弱いのか、2匹ほど
亡くなってしまった。一方、ミナミは超順調だ。

マツモとウィローモスマットだけで底土は無し。特に餌は与えていない。
メダカ水槽から移した水草に付いてる苔が主食だ。20数匹に掛かれば
苔もあっという間に綺麗になってしまう。

今朝メダカに餌を与たあと、エビ水槽を観察していると、5mmほどのメ
ダカの稚魚らしき生体を発見した。良く見ると数匹いるではないか。

数日前、餌のつもりでホテイアオイを1株、メダカ水槽から移した。
これにメダカが産み付けた卵がついていたのだろうか?
発見した稚魚が余りに小さくて、今まで気付かなかったが、いつのまに
か孵化していたようだ。孵化後、何日経過しているのかもわからない。

ミナミヌマエビはメダカの稚魚を捕食しないようなので、暫らくこのまま
餌も与えず自然に任せておくことにする。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-08-31 18:15 | ベランダ・アクアリウム
2013年 08月 25日

エビ & 水草導入

ボトルアクアリウムを始めたときに、めだかと一緒にヤマトヌマエビを
4匹飼育してみたが、ボトル環境が良くなかった為か全滅してしまった。

その後エビについて調べてみた結果、ヤマトヌマエビよりもミナミヌマ
エビの方が育て易いという事が分かった。それでは、という事でミナミ
ヌマエビに挑戦する。リベンジでヤマトにも再挑戦だ。ともにベランダ
の発泡スチロール水槽で飼育してみる。


まずは届いたエビの水合わせから。水草はマツモのみ。
a0154461_18143172.jpg


水温調整が終了し、水質合わせのためにミナミヌマエビを容器に移し
てみた。チェリーが3匹混じっている。濃い青色の固体は脱皮直前な
のか・・・?
a0154461_18175223.jpg


ボトルの風景がさびしいので水草を数種調達してみた。
a0154461_18194050.jpg


ボトルの底に沈めてみるが、意外に狭くなんだか窮屈だ。ここはクロ
メダカとエビ数匹の住居になる予定だ。
a0154461_1820422.jpg


エアレーションを導入してから暫らく時間が経過したが、うまくバクテ
リアが育ってくれていればいいのだが・・・
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-08-25 18:28 | ベランダ・アクアリウム
2013年 08月 11日

金魚鉢にエアレーション

最初に立ち上げた金魚鉢のメダカ1匹とヌマエビ4匹が犠牲になったので、
水量の多い発泡スチロール箱水槽に引越した。その後は、犠牲者も出ず
快調である。

会社の後輩がミニポンプとロカボーイコンパクトを持ってきてくれた。
a0154461_17144617.jpg

これで見違えるように水が綺麗になるそうだ。ホントかな?

せっかくなので試してみる事にする。
まずは水槽づくりから。底砂を洗って敷いて、カルキ抜きをした水を入れ、
ロカボーイコンパクトを設置した。ミニポンプをコンセントに繋ぐとロカボー
イコンパクトの中央からブクブクが始まった。
a0154461_1720136.jpg

今回は生体も水草もまだ入れてない。水槽が落ち着くまで暫らく様子を見
る事にする。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-08-11 17:22 | ベランダ・アクアリウム
2013年 08月 11日

W210・バッテリー交換

先々月末にバッテリー上がりをおこしてしまい、ロードサービスのお世話
になった。その後、週1回程度は乗るように心掛けていたが、1週あけて
乗ろうとしたら、再度セルモーターが廻らなくなってしまった。

もうバッテリーの限界だろう、と諦めて交換する事にした。

まず、適合バッテリーを探したところ、100Ahのバッテリーとのことで、
選んだのが『BOSCH PSIN-1A』。ネット通販で15,000円程度だ。
韓国製だと1万円を切る商品もあるようだが、一流メーカ製がこの値段な
ら申し分ない。

重量が10kgもあるので交換も大変だが、頑張ってみる事にした。
車はマンションの3段式駐車場の中断に駐車したまま動かない。バッテ
リーは後部座席の下にある。駐車場の柱で後部ドアは開かない。

交換作業がしずらいので、まずは車を駐車スペースから外に出したい。
交換用に準備した新品バッテリーにブースターケーブルを接続してジャ
ンピングスタートを試みる。ちょっと無謀かとも思ったが、1発で掛かって
くれた。ヤレヤレである。

日陰スペースを見つけていよいよ交換作業にはいる。いきなり行き詰る。
バッテリーを固定している金具を留めてるボルトネジ(13㎜)が固くて廻
らない。作業スペースが狭いのとスパナの柄が短くて力が掛けられない。
他に手持ち工具がない。自転車用工具は随分揃ったが、自動車用工具
はさっぱりだ(笑)。

考えた挙句、行きつけのGSに救助を求める事にした。帰省の予定もある
のでまずはハイオク満タンに。スタッフの方に事情を説明したら快く工具
を持ってきて緩めてくれた。数秒の救助時間だが大いに助かった。

後はマイナス/プラス端子を外し、古いバッテリーのあった位置に新しい
バッテリーを据え付けてエンジン始動。さすがに新品バッテリーだ。気持
ち良いくらいセルモーターが廻ってくれる。ジャンピングスタートの影響を
心配したが杞憂に終わった。

少し動きながら、ハンドルを左右限界まで取り回し、コンピューターのエ
ラーを解除した。続いてパワーウィンドウとサンルーフスイッチの自動開
閉機能をリセット。

古いバッテリーはそのうちどこかに引き取ってもらおう。
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-08-11 12:20 | 自動車
2013年 08月 03日

メダカ引越し

金魚鉢サイズの水槽が小さいせいなのか、エアレーションが無いせいか
濾過装置が無いせいか、複合的な理由かも知れないが、ヤマトヌマエビ
が全滅してしまった。最初のヒメダカも1匹犠牲になってしまった。

急遽水槽の引越しをした。とは言え、きちんとした水槽は持ち合わせてい
ない。応急処置として、生体が送られて来た時の発泡スチロールの箱を
利用する事にした。
a0154461_1982587.jpg

以前の金魚鉢に比べて飛躍的に水量が増えた。17~18Lほどだ。

ヒメダカ6匹では余りに寂しいので、クロメダカの小さいサイズを10匹程
追加した。水量が多いほど水質が安定するというので、これで暫らく様子
をみる事にする。設置場所も外(ベランダ)になった。

<本日時点の生体>
●ヒメダカ 6匹(-1匹)
●クロメダカ 10匹(+10匹)
●ヤマトヌマエビ 0匹(-4匹)
●サザエ石巻貝 2匹(-1匹)
●ミクロソリウム
●セミナロー
●ライフマルチ ウィローモス
●マツモ 2本
●ホテイ草 2株
[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2013-08-03 19:19 | ベランダ・アクアリウム