のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 26日

Raspberry Pi のI2S経由でDAC(PCM5102A)接続

以前から興味のあったDACのI2S接続にチャレンジしてみた。
電子工作なんてまったく不得手だし、ハンダごてを持ったのも30年以上
も前のことだし、老眼は進むし、興味はあったものの踏み出せずにいた。

たまたま会社の後輩と世間話をしていたら、大学時代電子工学を齧った
ことがあるそうで、自宅には当時のハンダごてもあるという。
私の事情を話した所、快く工作代行を引受けてくれるた。

と言う事で必要なパーツの入手を始める事になったが、最近の電子工作
は部品が細かいので、まずは先の細いハンダごてを調達した。

肝心のDACカードだが、一番工作の手間が掛からないLINUXCOMネット
ショップのI2S DACを選択した。価格もお手ごろなのがありがたい。
DACチップはLUXMANのDA-100にも採用されてるPCM5102Aで評判
も上々。もちろんハイレゾ対応だ。きっかけになったサイトはここだ。

これが完成すればX-DDCもV-DACⅡも不要になる。USBケーブルも同
軸デジタルケーブルも、さらにDDC,DACに接続している電源も不要だ。
おまけに音もかなり期待できそうだ。

代行をお願いした工作も準備と片付けを含めても1時間も掛からずに
終わった。

帰宅後、早速接続し音出し確認をする・・・・
Raspberry Pi にはSDカードとイーサネットケーブルに電源だけ。
DACカードにはRCAアナログケーブルを。
ご覧のとおりUSBポートには何も挿さないので2ポートとも空きだ。
a0154461_07532190.jpg
a0154461_07533539.jpg
a0154461_07535814.jpg
            ※volumioの「Audio Output」もしっかり認識している。

設置が済んだばかりのTANNOYから素晴らしい音が出てきた。
パンチの効いた新鮮な音だ。
X-DDC⇒V-DACⅡの音と比較しても遜色はない(気がする)。
I2Sインターフェースの賜なのか、恐ろしくC/Pの高いDACカードだ。

TANNOYもネットワークのコンデンサを新しくしているので、エージング
が必要だという。I2S-DACもエージングでさらに良くなる事を期待したい。

いま一番の課題はケーシング。暫くはムキダシのままになりそうだ。



[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-10-26 08:20 | オーディオ・ビジュアル
2014年 10月 25日

スピーカー探しの旅の終着

スピーカーを探していくつかのリアル店舗に足を運んでみた。
TANNOY・アーデンでも聴いてみようかと。

ある店舗で全くノーマークのスピーカーが目に留まった。
完全に勉強不足だった。
a0154461_08241270.jpg
ヴィンテージ臭さはバッチリ。完全レストア済みでとにかく渋く美しい。
音も申し分ない。(と思う) 一発で悩殺されてしまった。

ただノーマークだっただけに何の知識もないので即決とはいかない。
おまけにアーデン予算の1.5倍程度が必要だ。

"商談中"ステータスで4~5日は確保してくれるという。
お言葉に甘えて店を出た。

帰宅後ネットで調べてみるものの情報が少ない。
そんななか、米国タンノイの製品だということがわかった。かなり
希少な存在のようだ。1960年代の箱らしい。50年ほど経っている
ことになるが、レストアの甲斐あってかとにかく綺麗だ。

商談中の期間が終了する間際まで悩みに悩んだ結果、購入すること
に決めた。こうなればもう"キヨミズの舞台"だ。設置場所もないのに・・・

店舗を訪問し決済を済ませ、あとは配送を待つだけ・・・・

数日後、自宅まで配送してくれ設置までお世話になった。
a0154461_08365782.jpg

 TANNOY Belvedere Monitor Gold 12搭載

15インチに比べ12インチが小音量再生には有利だと聞いた。
小編成のクラシックはもちろん、ジャズやボーカルもこなせそうだ。
まさに自身にピッタリのスピーカーに行き着いた。
ネットワークも含め、完全レストアが済んでいるのでメンテナンス
フリーでいいらしい。自身の方が先に終わってしまいそうだ。

いままで聴いていたRF-35は引き取って頂いた。同じお店で6年ほど
前に購入したものだったので「買戻し」というのだそうだ。
結構気に入ってただけにちょっと惜しい気もするが仕方ないか。



[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-10-25 08:58 | オーディオ・ビジュアル
2014年 10月 18日

出張

久し振りに札幌へ出張してきた。
あいにくずっと雨に祟られた。

富士山が初冠雪したり、東京でも最低気温を記録したりと秋も深まってきた。
予報によると札幌も最低気温が一桁台だったので心配もしたがそれほどでは
なかった。

帰りの新千歳空港での1枚。
a0154461_21080697.jpg

[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-10-18 21:13 | 雑記
2014年 10月 11日

スピーカー探しの旅

まじめにピュアオーディオを再開てから少し時間が経つが聴く音に不満が出てきた。
低音が足りないか?スケール感・リアル感が乏しいか?何だか物足りない。
置く場所も無いのに容量の大きな箱が必要に思えてきた。
物欲が抑えられなくなってきている。
この感覚は経験した事があるぞ。何だかマズイ予感がしてきた。


昔から憧れ続けているタンノイなんかにやたらと目がいく。
一口にタンノイと言っても歴史の長い分だけ製品も多い。
現行品にはまったく興味が持てない。

12インチか15インチにするか?
流通の多いアーデンあたりが値段も手頃だし無難かな?
チェビオットあたりは大きさ的にも手頃だな?
でも、HPDで本当に満足できるのか?
理想は高くこのあたり(↓)にしたいけど・・・
a0154461_10121411.jpg
箱はどうしたものか・・? 悩みは尽きない。


もう少し現実的で大きさ的にも手ごろなスターリングかグリニッジにも目がいく。
でも、中途半端な妥協もなぁ?
タンノイの工場が火事で消失した時点でタンノイは終わった、とマニアは言うらしいし。
そこまで強い拘りはないつもりだが、一理はあるんだろうな。

兎に角、Webだけでは分からないのでリアル店舗を少し徘徊してみるか。
と言う事で、ヴィンテージ・タンノイ探しの旅が始まる。

駄耳が健康なうちに聴いておかないと、やがて老人性難聴が訪れるかも知れない。
親を見ていると避けられない気もする。急がねば・・・



[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-10-11 10:30 | オーディオ・ビジュアル