のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 28日

いまさらながら中華アンプ LM3886 を購入してみた


スピーカー・CDプレーヤーを導入し、懸案のアンプ探しを始めた。
いま使っているのはCayinの真空管パワーアンプ「A-55T」だ。
KT88のPPで元気よく鳴っているが、時々出るポップノイズが気になる。

もう少し繊細なアンプを探そうかと思う。
同じ真空管でも300Bか2A3の直熱管シングルアンプなんか良さそうだ
が、種類の多さと値が張る事もあり、なかなか機種がしぼり切れない。
「キット」の選択肢まである。いまひとつ自信も持てない。

と悩み多きおやじだが、ちょっと寄り道をして中華アンプなんぞに手を出
してみた。いまさら感は否めないが、評価の高いナショナル・セミコンダ
クタ社製のオーディオ用パワーアンプIC【LM3886】を搭載したモデルだ。
値ごろ感もあり手も出し易い。失敗したところで痛手も小さくて済む。

ネットオークションでも扱われているが「海外」からの発送らしく、到着ま
で時間が掛かる。欲しいと思ったらすぐに欲しいタイプなので、兵庫県の
ネットショップに発注した。思惑通りすぐに配送されてきた。
a0154461_13101260.jpg
コンパクトなサイズだが重量感がある。大型のトロイダルトランスの所為か。
RCA入力が3口ある。リモコンも付いている。バナナ対応のスピーカー端子
も搭載されていて、何と!13,800円だ。(送料別途)リモコンのボタン電池
が付いていなかったがご愛嬌か。

ネットショップのサイトには掲載されてなかったが、どうやら「YJ-008」と
いうモデルらしい。

早速CDプレーヤーを接続して音だしを・・・
a0154461_13112276.jpg
想像していたよりもしっかりとした音が出てきた。
暫くはエージングが必要らしいので、家にいるときはVolumioをかけっ放しに
しておこう。


[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-12-28 13:34 | オーディオ・ビジュアル
2014年 12月 21日

Raspberry Pi I2S・DACのケーシング完了

10月下旬に構築したRaspi+I2SDAC。暫く基板ムキダシで運用していたが
ようやくケーシングが完了した。

スイッチサイエンスの「TuxCase - Raspberry Pi Enclosure」を導入した。
通常は透明のアクリル製の蓋を4箇所ネジ留めする仕様だが、上にDACを
乗せて固定しているため蓋が出来ない。

仕方なく15mmの六角スペーサーを探す事にしたが、これがなかなか骨が
折れた。まず、サイズが不明だ。どこを調べても記述が無い。とある電子部
品屋さんで現物あわせをした結果、「M2.6」サイズだと判明したが、今度は
15mm長がなかなか無い。

ようやくamazonで見つけた。ねじ専門通販(株)ウィルコ製の下記製品。
「ステンレス スペーサー 六角オスメスネジ [M2.6xL15] 3ヶ入」
で、何故3個入り?ひとつ足りないじゃん!結果2セット購入した。
a0154461_16262536.jpg
a0154461_16264103.jpg
巧くいったように見えるかも知れないが、実はアクリルカバーの上から
締めたネジ穴が浅すぎて少し浮いてしまっている。雰囲気だけでOKだ。

一度断念した無線Networkを復活させた。NASデータのストリーミング
やweb-Radioは断念し、USBメモリ再生に特化することにした。
NetworkはPCやタブレットからのweb操作用に必要。この程度の利用な
ら無線Networkでも十分機能する。

あとは大容量のUSBメモリを調達するとしよう。



[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-12-21 16:55 | オーディオ・ビジュアル
2014年 12月 14日

CDプレーヤー探しの旅の終着

幾つか候補をあげて検討してきたが、結果的には超・ド定番に落ち着いた。
a0154461_15000033.jpg
DENON・DCD-1650RE
故障して修理不能になって以来、避けてきた積もりのたDENONに落ち着いて
しまった。光学機器にとって故障は仕方なく、アンプ・スピーカーと違って
ヴィンテージに拘る訳にはいかない。と、悟った。。。

フラッグシップではないが、DENONとしても力を抜く訳にはいかない価格
帯の製品だろう。暫く付き合ってみることにする。


[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-12-14 15:09 | オーディオ・ビジュアル
2014年 12月 13日

アナログプレーヤーへの回帰

Raspberry Pi で最新のネットワーク・プレーヤー環境を構築したが、その一方
では50年近くも前のスピーカーシステムを入手しそれぞれが融合している。

先日実家に帰る用事があったが、その際暫く動かしていないアナログプレーヤー
に目がとまり、久し振りに動かしてみたくなった。
こちらも35年ほど前に手に入れた代物だ。今は無きマイクロ精機のBL-91に
MA-505が付いている。

残念なのはMA-505のメインウェイトが無い!なぜこんなものだけが無くなって
いるんだろう?誰かのイタズラか?

a0154461_18531284.jpg
仕方なく欠品部品を探す事に。今は本当にいい時代だ。
ネットで探すと、何と!工作してくれるショップがあるではないか。
早速注文すると工作するとの事。真鍮を削って鍍金しておよそ1週間ほど
で届いた。

正月に帰省した際にはBL-91を持って帰ってこよう。。。


[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2014-12-13 19:11 | オーディオ・ビジュアル