のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 28日

自宅WAN回線リプレース

拙宅ではWAN回線にwimaxを利用している。

今月中旬に契約プロバイダから機種変更を薦めるメールが届いた。
最新規格の wimax 2+ への切替案内だった。

単純に高速通信に変わるだけならスルーでいいと思いながら案内メール
に目を通していると、あろう事か現在サービス中のwimaxの通信速度が
『遅くなる』のだと云う。いまでも途切れる事のあるwebradioが更に聴き
難くなるのは我慢ならないので、機種変更に応じる事にした。
というか、他に選択肢が無い。

という事で、脅迫に屈し申し込みをした数日後、新機種が届いた。
a0154461_14152083.jpg
NEC製のNAD11。想像していたよりも薄く胸ポケットに入れても邪魔に
ならない。基本的に持ち出す事は想定していないのでどちらでも構わな
いのだが・・・

早速、Raspberry Pi(volumio)の無線LANアダプターの接続先を変え
てwebradioを聴いてみる。今のところスムースにストリーミングしてくれ
ている。

PCの接続も切り替えてみたが、webの閲覧もかなり速くなった。
機種変キャンペーンで通信制限無しも保証されているし、月額500円程
度の増額となるのは仕方ないか?

大きな問題がひとつ。クレードルが付属していない。おのずと有線LAN
接続が出来ず、NASのセグメント参加が出来ないのと、有線接続してい
るもう1台のRasPiの運用が出来ない。

クレードルを購入しようとwebを探したが、値段を見てビックリ!1万円
近くで販売されているではないか!既に製造終了で品薄状態の模様。
つい先日までは2000円台で販売されていたようだ。

すっかり乗り遅れてしまった。
クレードルはもう少し値ごろ感が出るまで待つとしよう。


[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2015-02-28 14:17 | PC
2015年 02月 22日

TANNOY Belvedere の足元を固める

置き場所の無いTANNOY Belvedereだが、暫く和室の畳の上に直置き
している。

購入した店舗の配送に来てくれた方が「フロア型なんでスタンドに乗せな
くて大丈夫ですよ」とアドバイスしてくれたが、さすがに畳の上の直置きは
如何なものか、と思案した。

余り高くなり過ぎなくていい。で考えたのが堅めの厚手の木の板だ。
材質は「」にした。ネット販売で縦横と厚さまで指定できるお店を見つけた。

ナラ(楢)集成材(積層材)フリーカット 040*0400*0602mmで、送料を
入れても2枚で14,000円程度。厚みがあるせいか想像してたより重たい。
a0154461_17093287.jpg
まずこの板を敷きその上に5cm角の木製ブロックを4点支持で置いた。
ユニゾン・ウッドワークスさんの「木製インシュレーター ローズウッド
削りだし」、8個セットで3,500円。(送料別)

40mm + 50mmで90mm高くなったお陰でスピーカユニットの高さが
ちょうど良くなった。

心なしか音抜けも良くなった(ような気がする)。
休日は少し音量を上げて楽しみたい。


[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2015-02-22 17:18 | オーディオ・ビジュアル
2015年 02月 22日

通勤用チャリのパンク修理(チューブ交換)

毎日駅近くまでお世話になっている通勤用チャリ。ほぼノーメンテ状態だ。
オマケに駐輪場は雨ざらし。傷まない訳が無いナ。

そんなチャリがへそを曲げたのか後輪がパンクした。
仕方なく自身で修理をする。と言ってもチューブごと交換するだけだ。
a0154461_08094105.jpg
送料不要で778円/本だった。

手を真っ黒にしながら何とか交換完了。パンクしたチューブを検証すると
穴は開いていたものの、釘を踏んだような跡は無い。
パンクの原因が不明なままだとちょっと不安も残るが、これからはこまめ
に空気を入れるとしよう。

一部破れていたサドルにガムテープを貼り、チェーンに油を注して終了。


[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2015-02-22 08:33 | 自転車
2015年 02月 01日

アナログへの回帰-2

Raspberry-Pi + i2s-DACで思いっきりDigitalソースを楽しむ一方で、
最近アナログプレーヤーへの回帰熱にうなされている。

年末にトーンアームのメインウェイトを入手し、帰省した実家で取り付けて
みるも、あえ無く敗北に終わった。年明けの記事のとおりだ。

その後、音がマトモに出なかった理由をネットで調べると、ヘッドシェルと
トーンアームの接触部の不良が疑われる、との記事を見つけた。30年以
上放置してきたので十分にあり得る事だと納得した。

次に帰省した際に再チャレンジする意欲が俄然湧いてきた。接点の不良
を改善するだけで復活するなら費用も掛からないし嬉しい限りだ。

とは言え、レコードをかけて聴く以上、最低限の儀式が必要だ。
a0154461_14475297.jpg
a0154461_14484040.jpg
そんな訳で準備したスタイラスクリーナーとレコードクリーナー。
どちらも大変懐かしいグッズだ。

次の帰省の時期が待ちきれずに、中古のアナログプレーヤーを買って
しまいそうで、とてもアブナイ。(笑)


[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2015-02-01 15:09 | オーディオ・ビジュアル