のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 24日

アナログプレーヤー・2台体制へ

DENON DP-900Mの1台体制だったアナログディスク再生環境を見直す事にした。

カートリッジ交換の際の昇圧トランス経由の配線の取り直しがとかく面倒だった。
幸いLUXMAN CL36UにはPHONEが2系統あるので、トーンアームが2系統あれば
PHONO1とPHONO2の切り替えだけで済むことになる。

2台目のプレーヤーを何にするか?悩みに悩んだが、使い慣れたトーンアームである
MA-505搭載のMicro DD-8を選んだ。シンプルなデザインと正確性が魅力だ。
a0154461_21105901.jpg
350mmもあるプラッターはさすがにインパクトがある。
12インチLPを載せてもこれだけ外周がせり出している。

操作パネル・ボタンはたったのこれ(↓)だけ。
a0154461_21134839.jpg
トーンアームは信頼のMA-505。ダイナミックバランスが実に使いやすい。
a0154461_21161910.jpg
実家のBL-91と同感覚で操作が可能だ。
DENON DL-103を昇圧トランス AU-300LC経由でPHONO端子へ。

33回転・45回転とも安定している。
40年近くも昔のヴィンテージ機からは想像もつかない程満足な音が出て一安心。

<< 仕 様 >>
■MODEL:MICRO DD-8
■外形寸法:W 500mm×H 175mm×D 410mm
■重量(kg):15.00kg
■発売時期:1977年

【フォノモーター】
■駆動方式:ダイレクトドライブ方式
■モーター:クォーツロックによるPLLサーボDCモーター
■回転数:331/3,45rpm.
■ターンテーブル:アルミ製直径350mm 重量2.6kg
■慣性モーメント:600kg・cm2
■回転ムラ:0.02%(WRMS)以下
■SN比:62dB(JIS)以上
■起動トルク:l.5kg
■使用電圧:AC 100V 50・60Hz
■消費電力:5W

【トーンアーム】
■型式:ダイナミックバランス型(インサイドフォースキャンセラー付)
■アーム有効長:237mm
■オーバーハング:15mm
■針圧可変範囲:0~3g
■適合カートリッジ重量:13.5~20g(シェル含む)19.5~26g
(付属サブウェイトAつき)26~32.5g(別売サブウェイトBつき)



[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2015-10-24 21:42 | オーディオ・ビジュアル
2015年 10月 12日

連休最終日(体育の日)は秋晴れ

日向を走ると暑いくらいだが、日陰に入るとひんやりと気持ちがいい。
a0154461_16000797.jpg
田んぼは実りの秋を迎え、稲刈りも終えている。
BRESSANで50kmほど走り軽く汗を流す。とても走り易いベストシーズンの到来だ。


[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2015-10-12 16:09 | 自転車
2015年 10月 11日

W210 車検 & エアコンコンプレッサー&ファンベルト交換

普段乗ることがめっきり減ったW210。ダウンサイジングしても良いカナとも考える日々。
そうこうしているうちに車検の日が近づき、もう後がない。判断に迫られ車検を選択した。

ここ数年エアコンの効きが甘くなり、ガス補充で凌いできたが、そろそろそれも限界を迎え
たので根治を決断。ディーラーに持ち込めば目玉が飛び出るほどの費用を請求されるよう
だが、そこは10年来頼りにしてきたショップの社長に泣きつき安価での交換修理を提案し
てもらう。(いつもスミマセン!)

コンプレッサー&ファンベルト、使用前・使用後の図 (社長、写真お借りしましたヨ)
a0154461_11092376.jpg
完成の連絡を受け引き取りに。

何とも嬉しい事にギンギンに冷えるエアコンに回復していた。快適そのものである。
それ以外に特に大きなトラブルもなく車検も通った。(アト2年乗れるナ)

帰路に就くと、今までよりもすべてが調子よく感じられる・・・
プラゼボ効果、かな? ともあれ、めでたし である。


[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2015-10-11 11:25 | 自動車
2015年 10月 05日

MB3045修理の積りが・・・


ネットでお知り合いになった心あるお方が私のMB3045を診断・修理をしてくださると云う。
まずは治せる状態かどうかを診断するところから始めて貰う為に梱包・発送した。

診て頂いた所、大変残念な事にGX100-3.6の片CH側が逝ってしまっていると云う事で
復旧不能との事、またしても万事休すか?

ところが、その方の手持ちにA3000があると云う事で、固体ごと交換をご提案頂いた。
まさに地獄に仏、渡りに船、救世主現る、である。

MB3045に付いていた英GEC GOLD LION KT88 ほか、可能な限り真空管の移植も
提案頂いたが、経年劣化が激しくKT88を含めて要交換が殆どらしい。今のご時世では
GEC製のGOLD LIONなんて購入できないので、安価な代替品でお任せする事にした。


そこで実装されたのがGenalex GOLD LION KT88。
新品である。ピッカピカである。
a0154461_18033910.jpg

OPTはA3000(MB3045)シリーズのトレードマークともいえるGX100-3.6。
a0154461_18055581.jpg

その方、アンプの修理だけでなく今後のメンテナンスの必要性を説いてくださり、
バイアス/DCバランス調整の仕方を手順書付きで、テスター・電池までセットし
完璧にフォローしてくださった。


開梱後すぐにご用意頂いた手順書に従ってバイアス/DCバランス調整を行った。
こんな事が自身で出来るようになるなんて、願ってもないことだ。
a0154461_18142089.jpg
これさえ出来れば鬼に金棒である。
いままですべてショップ任せで何もしてこなかった自分を深く反省し、定期的な
メンテナンスを怠らない事をここに誓い、今後末永く愛用していこうと思う。

a0154461_18202735.jpg
今回お世話になった方へ、このたびのご対応には心より感謝しております。
復活したアンプの音に毎日耳を傾け、充実した時間を過ごしております。



[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2015-10-05 21:53 | オーディオ・ビジュアル
2015年 10月 03日

秋のポタリング

金木犀も散り秋もだいぶ本格化してきた。爆弾低気圧が過ぎ去った今日は
天気に恵まれた。体の脂を搾ろうとミニベロで出掛けた。
a0154461_19005623.jpg
夏と違って走り易い。どこまでも走っていけそうだ・・・

[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2015-10-03 19:09 | 自転車