のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2017年 11月 12日

YAMAHAのNS-1 Classicsの音を聴く

a0154461_15295534.jpg
今さらではあるが YAMAHAのNS-1 Classics の音を聴いてみたくなった。
来年で発売から30年になる。ちょうど私が所帯を持った1988年だ。

当時はTANNOYのSYSTEM8をα607で聴いていた。
今思えば何というチグハグな組み合わせだろう。
当時新品で購入したが、どちらも地元のショップで安く購入できたモデル。
余り深く考えないで選んだ記憶がある。

同じ頃発売になっていた NS-1 だが、当時は仕事で多忙を極めていたため
当時の製品事情には疎かった。

YAMAHAがAVにシフトする前の最後のモデルになるのか?今でも評判は
高い。私が良く聴く小編成の弦楽とか女性ヴォーカルにちょうど良さそう。
今回もオークションでオリジナルスタンド付きを落札した。
先日落札したC-2よりも更に安価だった。エッジに僅かなヒビ割れがあるが、
それ以外はサランネットを含め大きなダメージはない。

落札商品を最初に見たときは「くたびれた」印象が強かった。くすんだ状態
だった事がそう思わせていたが、水拭きをしただけで見違えるように綺麗に
なった。それでもエンクロージャーの天板だけはやや目立つ線傷が残る。
それでも値段を思えばかなりの上物には間違いない。

これで音さえ良ければ云うことがない。

と云う事で、恐るおそる音出しをしてみる・・・6Ω、86dBと能率は高くない。
LUXKITのA3000で鳴らしてみるとやや寝ぼけ気味の音が出てきた。
うーん?こんなモノなのか?と暫く音出しを続けてみると段々と目が覚め
てくるのが分かる。(ワクワク・・・)
鬼束ちひろの高音のロングトーンがとても気持ちよく伸びている。定位も
バッチリだし、アッテネーターのガリも皆無だった。

C-2に続き今回も良い買い物ができた。
次に帰省する時に実家のオーディオ部屋に持っていこう。


[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2017-11-12 16:42 | オーディオ・ビジュアル