のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 27日

通勤用自転車のシフトワイヤーが切れた!

久し振りの自転車ネタ。と言っても通勤用の自転車だ。
ここのところの寒さのせいか、朝、自転車で駅に向かおうとしたらシフトワイヤーが
切れてしまった。

余りに毎日が寒いので、交換作業もせずに放置していた。ワイヤーが引けないので、
ギアは当然トップのまま動かせない。さすがに上り坂がきつい。

一念発起して作業に取り掛かる事にする。ただ、タウンサイクルのシフターは未経験
で勝手がわからない。シフターは SHIMANO SL-RS31-6 だ。
a0154461_17182702.jpg
シフターを観察してると1本の小さな+ネジが見つかった。ネジの頭が錆びているので
慎重にドライバーをあてがう。ゆっくりと緩めると簡単に回った。まずは第一段階は
クリア。カバーが外れてワイヤーのガイド溝とワイヤー端の頭部分が収まる部分があ
らわになった。そこには切れたワイヤーの頭部分が残っている。これを外して新しい
ワイヤに交換すればいいのだが・・・

ここで問題が発覚した。残っているワイヤーの頭部分が外れない。スルっと抜けるも
んだと高を括っていたが、切れたワイヤー端がほつれて狭い穴に食い込んでしまって
いる。何か細い針金等で押し出せば良さそうだがちょうどいい工具が見つからない。
ワイヤーの系と同サイズなのでかなり狭い。かなり手こずったのでいったんは諦めた。

お茶でも飲みながら善後策を考える・・・

シフターをハンドルバーから取り外してみる事にした。これにはグリップをカッター
で切って外さなければならないが、仕方がない。

グリップにカッターを入れると簡単に外れた。次にシフターを外すがこちらも+ドラ
イバーでネジを1本外すだけで外れる。

暖かい部屋に作業場を移しハズキルーペでターゲットを見ながら策を考える。細いマ
イナスドライバーをワイヤーガイドに沿って入れてみた。サイズはちょうど良さそう。
この状態で平行に押し出してみる。何度かトライしていたら奥まったところにあった
ワイヤーの頭が少し出てきているのが分かる。何とかなりそうだと気をよくして励む
こと数分。詰まったていた頭が取り出せた。これ!(↓)
a0154461_17140501.jpg
MTB用のインナーだと思っていたがロード用のようだ。これなら在庫がある筈と物置
を捜索すると見つかった。リアディレイラーを引くのでワイヤー長は2100mm。
早速、シフターにワイヤーを通しカバーを戻してネジを締める。
a0154461_17223424.jpg
ここまで出来ればあとはロードバイクと同じ要領で作業ができる。
ディレイラーに付いているワイヤー固定用のネジが9mmの六角ボルトだったが、適合サ
イズのスパナが無いので、大型のモンキーレンチでボルトを締めた。ちょっと締め難いが
何とかクリア。序にアウターも手持ちの中古に換えといた。

適度な長さにワイヤーを切りエンドキャップを固定して完了だ。
切り込みを入れてしまったグリップは取り敢えずそのままハンドルバーに戻した。

トップからローギアまでの6枚がスムーズに切り替わりとても気持ちがいい。
これで月曜日からの通勤で上り坂を降りて押さなくて済む。


[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2018-01-27 17:43 | 自動車


<< 続)AVアンプのリプレース顛末記      AVアンプのリプレース顛末記 >>