のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 26日

スピーカーコレクションにCM6 S2が仲間入り

B&W CM1をATOLL IN100SEで聴くようになってから出音の気持ち良さに酔いしれている。
JacinthaのMoon Riverなどを聴いていると静寂の中のピアノの響きにうっとりしてしまう。

これで満足すればいいのだがつい欲(病気ともいう)が出てきてしまう。
スピーカーをグレードアップすればさらに幸せになれるんじゃないかと・・・

CM1の音傾向は気に入っているので、CMシリーズのブックシェルフタイプのちょっと上位
グレードを狙ってみるか。調べているうちにCM1で使ってきたスタンドに互換性がある事も
分かった。CM5,CM6,PM1辺りでスタンドが共通のようだ。ネットでの評価を見てるとどれ
も評価が高いがすべてのモデルが製造中止だ。元々新品を狙うほど予算に余裕が無いので、
程度の良さそうな中古を気長に探す事にする。

ひと月余り探していると近所のショップが綺麗そうなCM6 S2を販売しているのをネットで
見つけた。天気も良いのでチャリで出掛けるついでに軽い気持ちで見に行ってみる事にする。

お店に着くと試聴コーナーのど真ん中に展示してあるCM6 S2が目に留まる。もちろん中古
だがかなり綺麗だ。小さな瑕はあったものの余り気にならない。

早速聴かせてもらう。選んだんアンプはSoulnote A-1。1曲目は女性ボーカル。家で聴いて
いる音量と比べるとだいぶ大きな音での試聴なのでいきなり圧倒される。音の拡がりが大き
い印象を受ける。トゥイーターオントップ方式の効果か?
2曲目はモーツァルト、これも抜群に好い。

1品モノなので迷ってる時間はない。モーツァルトを聴きながら店員さんに購入の意思表示
をしていた。ほとんど衝動買いだ。

a0154461_16480517.jpg
B&W CM6 S2 ピアノブラック


今日の課題はスピーカースタンドへの固定だ。乗せるスタンドはFS-700/CM。

CM1をスタンドから降ろしCM6 S2をセットする。初代CM1に比べてCM6 S2のサイズが
だいぶ大きいのにスタンドが共通だという。スタンドの天板を見るとスピーカー固定用の
ネジ穴がサイズ違いで2通りある事に気づく。CM6は外側の穴に合うようになってる。

心配したスタンド固定も無事に完了した。
いよいよ試聴だ。まずはJacinthaのMoon Riverを聴いてみる。

ピアノの響きが大きな空間に拡がりとても伸びやかに聴こえる。満足度はかなり高い。
いまはサンサーンスの交響曲3番を聴きながらこの記事を書いている。オーケストラも空
間表現がとても大きい。オルガンの低音も心地よい。

こうなるといろんなソースを聴いてみるのが楽しみになる。
ストレス発散のために週末良い音に浸る。心の栄養補給は重要だ、と散財を肯定している
自分がいる。


[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2018-05-26 17:34 | オーディオ・ビジュアル


<< 左側スピーカーから音が出なくな...      妙義山ビューライドin富岡20... >>