のほほんとミニベロ

wyo210302.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 03日

左側スピーカーから音が出なくなった・・・(障害切分~修理編)

左CH側の TANNOY から音が全く出なくなってしまった。心当たりはある。
LUXMAN のスピーカーセレクター AS-5Ⅲ でちょっと無茶な切り替えをしてしまった。
突然出なくなったのでボイスコイルに過電流が流れたのかと素人判断。さすがに自己修理
は不可能だし、モノは大型だしどうしたものか?と落ち込んで途方に暮れること数週間。

何とかしなきゃぁとまずは傷害切り分けをと先日サブスピーカーの座を譲った B&W CM1
を音が出なくなった TANNOY の代わりに繋いでみる事に。

ちょっと待てよ、その前にスピーカー(アンプ)セレクターに繋がっているもう一台のアン
プ C.E.C.HD53R Vie.8 から音を出してみるかぁ、・・・と
なんと!音が出るではないか。ボイスコイルじゃなかったのか、と胸を撫でおろす。

となると原因はアンプである。左CH側の LUXKIT A3000 の障害だ。
電源は入るしすべての真空管は灯ってるし、壊れてるとは思っていなかった。逆に奥が深
い障害なんだなぁ、と再び気を落とす。

考えていても仕方がないのでバイアス調整が出来るかくらいは自身で確認してみようと裏
蓋を開けてみると・・・ 小さなヒューズが目に留まる。
a0154461_17411596.jpg
OPTトランス保護用に入れてもらったヒューズだ。これが切れたんじゃないか?と早速外し
てみると、予想通り切れている(ようだ)。実は余りに細くて老眼鏡をして見ても切れてる
(ようだ)としか判別できない。

新品のヒューズと交換してからバイアス調整の準備に取り掛かる。
a0154461_17420591.jpg

規定値通りにバイアス、バランス調整が完了した。これはイケるんじゃないかと入出力を
繋いで入力ソースの信号を入れてみると・・・

音が出たぞ!

やはりヒューズが切れていたんだぁ、と一人ほくそ笑む。
ボイスコイルの修理費程度は覚悟していたが今回は修理費無料ですべてが元通りに直った。
一杯飲りながら今日は Montor Gold の音に浸るか。素晴らしい日曜日に、カンパーーイ!




[PR]

by w210_yo302tsu3132 | 2018-06-03 17:58 | オーディオ・ビジュアル


     スピーカーコレクションにCM6... >>